ブログ>ハッシュタグ検索

#医療従事者

新しい記事 検索  最新 | 11件 | P1/1古い記事

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全

保存施術+ 手術を回避
骨の変形がほとんどなく、軟骨損傷が軽度であれば、早い方では1~2回の施術で痛みから解放さされます。それでも、半年位かけてその後の経過を追っていくのが安心でしょう。 ご相談いただいたのは、40代の女性です。 幼少期からこれまでに股関節にトラブルはなく、足首を骨折したのをきっかけに股関節痛を発症。医療機関では臼蓋形成不全を告げられ「いずれ手術になる . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行期や末期との診断であっても、前向きに取り組む姿勢さえあれば、手術せずに痛みの解消も期待できます。ただ、何もせずにその場をしのいでも、やがて、関節が硬くなり筋力低下が起こりがちです。少しでも努力し改善させたい、その気持ちさえあれば、まだ改善の可能性は残されているでしょう。 今回ご相談いただいたのは50代の女性です。専門医からは変形性 . . .

変形性股関節症 外科医の視点

大阪出張中です。大阪の感染者数も下がりつつありますね。ワクチン接種も開始されました。徐々にではありますが、日本も明るい未来に近づきつつあるように感じます。あとはオリンピック、どうなるのでしょうか...。 さて、今回も様々な背景を抱えた皆さまからご相談をいただいております。昨日ご相談いただいたのは、医療機関ご勤務の外科の先生。様々な手術に携わる傍ら、整 . . .

変形性股関節症 はじめの情報の大切さ

昨日は不思議なことが起こりました。午前中は小児科の先生、皮膚科の先生、眼科の先生、そして整形外科を営む医師の奥様(薬剤師)。そして、午後は病院勤務の看護師さんと出版社勤務の元看護師さん。なんと、1日全てが医療従事者でご予約が埋め尽くされていました。銀座で開業し14年目、こんな経験は初めてです。こんなこともあるのですね。 さて、本題にまいりましょう。変 . . .

[施術事例] 20代 臼蓋形成不全 側弯症

股関節は身体の中心に位置する関節であり、2足歩行の人間にとっては土台となる関節です。股関節に異常をきたすと全身にその影響が現れます。 ご相談いただいたのは20代の女性です。仕事中に股関節痛を発症し、医師からは臼蓋形成不全との診断で手術を勧められています。 幼少期には側弯症との診断を受けており、あまりにも痛みが強いことから杖を使用した生活が余儀な . . .

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全 医療従事者

保存施術+ 手術を回避
医療従事者も股関節痛に悩まされます。診察の時の姿勢や立ったり座ったりの業務、患者さんを介助する際の身体の使い方などで股関節痛を発症させてしまいます。 ご相談いただいたのは40代の女性です。医療機関では臼蓋形成不全と診断されています。 7~8年前に股関節痛を経験し、その後スポーツクラブに通い症状が悪化。民間療法を試してきましたが大きな改善が認めら . . .

[施術事例] 50代 股関節唇損傷 医師

保存施術+ 手術を回避
股関節痛の原因は、診断名よりも経過の方が重要であることが多くあります。過去の手術経験や怪我の影響が股関節痛の原因になっていることがあります。 ご相談いただいのは50代の男性です。専門医からは股関節唇損傷、FAIを診断されています。 数ヶ月前から股関節に痛みを発症し、処方された消炎鎮痛剤で経過をみていましたが改善されず、最近では歩行時にずれるよう . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 現場の声

保存施術+ 手術を回避
現場を知る医療従事者の方にもチャレンジしていただいております。 ご相談いただいたのは50代の女性です。医師からは変形性股関節症との診断、将来的な手術を勧められています。 3年前に股関節痛を発症し、数件整形外科を回りましたが、手術以外の回答が得られずご相談にみえました。仕事柄、手術室での勤務経験もあり「何としてでも避けたい手術」人工関節に対する強 . . .

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全 看護師のひと言

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症との診断を受けても出会いが全てです。どんな情報や専門家に巡り会えるかによって、股関節の運命が分かれるかも知れません。 ご相談いただいのは50代の女性です。医療機関では臼蓋形成不全に伴う変形性股関節症と診断され、手術を宣告されています。手術を決意し、向かった先の股関節専門外来の看護師さんの一言に救われました。 「今日くらいの調子だっ . . .

[施術事例] 30代 RAO後20年 変形性股関節症 進行期

保存施術+ 手術後
臼蓋形成不全に対する予防的な手術として用いられる「骨切り術」は、順調に経過する例がほとんどかと思われますが、なかには不調を訴えるケースもあります。重篤な場合には、人工股関節も検討しなければなりません。 ご相談いただいのは30代の女性です。10代のときに臼蓋形成不全を診断され、RAOにより骨切り手術を両側の股関節に施行されています。現在は、変形性股関節 . . .

[施術事例] 20代 股関節唇損傷 再手術

保存施術+ 手術後
股関節とは対になって働く関節です。どちらかが悪くなると、決まって、反対側へも影響が訪れます。片側を手術すると、反対側も手術を迫られるのは、股関節特有の性質があるためです。 ご相談いただいたのは20代の女性です。医療機関では臼蓋形成不全を診断され、股関節鏡による手術を左右2回行なっています。 誘因なく発症した股関節痛に対し手術を行いましたが、現在 . . .
新しい記事 検索  最新 | 11件 | P1/1古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2023 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz