ブログ>ハッシュタグ検索

#ダンス

新しい記事 検索  最新 | 26件 | P1/2古い記事

[施術事例] 50代 変形性股関節症 進行期/末期

保存施術+ 手術を回避
ginzaplusでは、変形性関節症国際学会(OARSI)のガイドラインと最新のエビデンスをもとに手術に頼らないを施術を提供させていただいております。その中で、これまでの経験からも最も効果が高いと感じている手法は「筋肉」と「歩行(脳と神経)」への介入です。 股関節痛の多くの原因は「筋肉」と捉え、その筋肉への負担は全身運動でもある「歩き方」に問題が . . .

[施術事例] 大学生 股関節唇損傷

保存施術+ 手術を回避
アスリートに頻発する股関節唇損傷も、一種の「怪我」のような症状だと考えています。解決手段に手術もありますが、手術までしなくてもよくなるケースが多くあります。実際に手術をしたことで、復帰が危ぶまれたりスポーツを断念せざるを得ない状況にも遭遇します。慎重な判断が望まれます。 ご相談いただいたのは10代女性(大学生)、ダンスのインストラクターです。 . . .

[施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後

保存施術+ 手術後
人工股関節の手術をすれば多くのケースで痛みは解消されます。ところが、歩き方に問題が残れば不具合も訴えることもあります。短期入院が主流となった今、歩き方への介入が終わらずに、ご自宅へと戻されてしまうケースが増えています。 ご相談いただいたのは、50代女性、大腿骨頭壊死によりナビゲーションによる人工股関節置換術を行っています。 幼少期には股関節のト . . .

【股関節唇損傷】膝の使い方

コロナがおさまったかと思えば、急に冷え込んでまいりましたが、皆さんは体調など崩されていないでしょうか。今、2009年(実際には2008年)から書き続けていたブログを整理しています。改めて読んでみると、当時の想いが伝わってきて、懐かしく思いますね。開業仕立ての頃はお越し下さる方も少なかったため、いろんな活動にチャレンジすることができました。変形性股関節症の保 . . .

変形性股関節症 筋力トレーニング

朝、皇居周り走っているとあちらこちらに接種会場の案内板を目にするようになりました。いよいよ始まりましたね。ginzaplusへももうすでに2回目も終えられた方も。ワクチン接種の日程が決まったことで、施術のスケジュール変更をご希望する方も出てきています。オリンピックを迎える開催国としては遅すぎる気もしますが、日本も、ようやくスタートラインに立てたように思われ . . .

変形性股関節症 両側人工関節

さて、今日は手術後に関するご相談です。私は、常に心がけているのは、お越し下さった皆さまへは、必ず、変形性股関節症には2つの治療方法があることを説明しています。一つは、ginzaplusが得意とする保存施術。そして、もう一つは手術、外科療法についてです。 保存療法は、いかなる状況においても、変形性股関節症と診断された患者さんに対しては、平等に、提供され . . .

股関節痛 ダンス

自粛生活も2ヶ月目に突入し、銀座でも経済活動がスタートしています。 さて、今日はダンサーに生じる股関節痛について。ほとんどが「使い過ぎ」による問題が多いのですが、やはり「使い方」によってもトラブルを生じます。ご自身に合ったケアの仕方と、人間の身体のメカニズムを理解できれば、速やかに解消されます。 ある程度、ご自身のスタイルが確立されていて、 . . .

[施術事例] 30代 先天性股関節脱臼 フラメンコ

保存施術+ 手術を回避 手術後
股関節症も長期に渡ると、脚長差(きゃくちょうさ)の問題が生じることがあります。 ご相談いただいたのは30代の女性です。股関節痛を抱え人工関節専門センターを訪ねたところ手術を勧められています。 幼少期から先天性股関節脱臼の既往があり手術の既往があります。20代に入ってからは、フラメンコを習ったり活動的な生活を送ってきましたが、出産後から急速に悪化 . . .

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全 ウルトラマラソン

保存施術+ 手術を回避
アスリートの股関節痛に対しては、競技特有の問題と日常生活動作と合わせ取り組むことが大切だと感じています。 ご相談いただいたのは40代の女性です。医療機関では、臼蓋形成不全と診断されています。 10年以上も前からジョギングとフラダンスを続け、最近になって、股関節を動かした際の音と違和感、運動後のだるさを訴えています。「まだまだ運動は続けたい」ご本 . . .

[施術事例] 30代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行期や末期の保存施術では、長期に渡る関わりが必要です。ご本人のモチベーションは不可欠ですし、コツコツ積み重ねる努力、そして、ご家族の理解や協力も必要でしょう。 ご相談いただいたのは30代後半の女性です。大学病院で変形性股関節症との診断を受け、初診で手術を宣告されています。 幼少期から股関節に違和感を抱え、10代に膝の手術をして . . .

[施術事例] 10代 股関節唇損傷 フィギュアスケート

保存施術+ 手術を回避
フィギュアスケーターの股関節痛は、度重なる硬い氷上での着地、過度な動きを要求される股関節特有の動きにより発症させることがあります。 ご相談いただいたのは10代の高校生です。海外のクリニックでは股関節唇損傷を診断され来日されました。 きっかけとなったのは、ダブルアクセルの練習中です。ジャンプ後に違和感を感じ、その後のランニング中に悪化。一時は安静 . . .

[施術事例] 20代 股関節唇損傷 プロダンサー

保存施術+ 手術を回避
運動感覚に優れた方の場合には、股関節痛を抱えても、1回の施術でも効果を実感いただけるでしょう。 ご相談いただいたのは20代の女性です。医療機関では股関節唇損傷を診断されています。 プロで活躍されるダンサーです。バレエレッスン中に股関節が抜けるような感覚があり、それ以降、回旋時には股関節前面に痛みを訴えるようになり、仕事にも支障をきたしています。 . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 骨嚢胞

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行過程では骨に穴が空いた状態、骨嚢胞(こつのうほう)が生じることがあります。この原因についてはまだわかっていないのですが、保存施術を継続することで消失することがあります。 ご相談いただいたのは50代の女性です。大学病院へは変形性股関節症の進行期と診断され、手術を勧められています。 20代や30代はテニスやダンス、スキーをして過 . . .

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全 フランダンス

保存施術+ 手術を回避
バレエやフラダンスで股関節を痛めてしまう方が増えています。フラダンス特有の骨盤の傾き、左右への移動、膝を曲げた姿勢保持などが原因かも知れません。 ご相談いただいたのは40代の女性です。医療機関では臼蓋形成不全と診断されています。 出産後から股関節には違和感を感じ、趣味ではじめたフラダンスで股関節痛を発症。歩行時、寝返り時に最も痛みが強く現れ、最 . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 現場の声

保存施術+ 手術を回避
現場を知る医療従事者の方にもチャレンジしていただいております。 ご相談いただいたのは50代の女性です。医師からは変形性股関節症との診断、将来的な手術を勧められています。 3年前に股関節痛を発症し、数件整形外科を回りましたが、手術以外の回答が得られずご相談にみえました。仕事柄、手術室での勤務経験もあり「何としてでも避けたい手術」人工関節に対する強 . . .

[施術事例] バレエダンサーたちが悩む股関節痛

保存施術+ 手術を回避
趣味で続けるバレエ愛好家の方から世界的に活躍するバレリーナまでお越しいただきます。運動感覚の優れたダンサーは治りも早いです。できるだけ安静期間を作らずに、速やかに復帰させることが最大の目標です。 40代、バレエ・ダンスインストラクターです。幼少期から続けダンス歴30年以上、先日のレッスン中に股関節を痛め、約半年、症状が軽減されないためご相談に . . .

[前屈・しゃがみ動作] 股関節唇損傷 即時効果

現在日本では、レントゲン上明らかな変形がない、ほぼ正常と思われる股関節も痛みを訴えれば、股関節唇損傷を疑われる機会が非常に増えています。先日、大阪出張時に御会いした方もまさに同じような体験をされていらっしゃいました。 寝返りをうった際に股関節周囲の激痛に見舞われ、訪ねた医療機関では画像所見の結果、股関節唇損傷、手術が必要との診断。しかし、痛みを抱える . . .

[変形性股関節症] ジム・ヨガ・大人からのバレエ

スポーツにより痛みをこじられ、瞬く間に変形性股関節症へと移行してしまうケースを多く拝見します。 せっかく身体のためにと思って取り組んだスポーツで痛みめてしまうのは本末転倒です。何か改善できる方法はなかったのか。特に気になるのは、スポーツジムでの怪我。ヨガやバレエ教室で痛めてしまうことです。多少の無理をすればこうしたことはやむを得ないのですが、ケアの仕 . . .

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全 タイヒチアンダンス

保存施術+ 手術を回避
フラダンスで股関節痛を訴える方は多くいらっしゃいますが、今回はタイヒチアンダンスでの股関節痛です。 ご相談いただいたのは30代の女性です。医療機関では、臼蓋形成不全と変形性股関節症を診断されています。 趣味ではじめたタイヒチアンダンスで股関節を痛め、仙台出張時にお越しいただきました。 1回の施術前後の様子です。 写真のように、や . . .

[正しい姿勢と歩き方] 最近の話題

ちょっと前にテレビでも美尻、桃しり?などお尻を強調したトレーニングや姿勢が取り扱われていました。確かに女性らしくよさそうにも思えましたが、障害予防の観点に立ってご指導している以上、結構危険もあるかなと観ておりました。 実際に股関節症に悩む方でもこうした姿勢から抜け出せなくなっている方は多くいらっしゃいます。 特にバレエやダンス系で形から入ってし . . .
新しい記事 検索  最新 | 26件 | P1/2古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz