ブログ>ハッシュタグ検索

#脚長差

新しい記事 検索  最新 | 52件 | P1/3古い記事

NEW [施術事例] 50代 人工股関節置換術後

保存施術+ 手術後
「反対側は当分手術をしないでいきたい」 片側の手術をすると決まって待ち受けているのが、反対側への負担です。最近では短期入院が推奨され、益々リハビリ期間が短縮されつつある中、術側・未手術側へのケアが不十分なまま退院を余儀なくされるケースが多くあります。手術はできれば一回で済ませたい、おそらく多くの患者様の願いでもあるでしょう。 ご相談いただいたの . . .

[人工股関節置換術] 片側・両側手術後の悩み

ginzaplusでは、手術後のリハビリ依頼も承っております。 手術をしても痛みがとれない、歩き方が治らない、脚長差への対応をどうしたらよいのか、不安やお困りの際はぜひご相談下さい。 特に歩き方に関してはこだわった施術を行っております。ご希望がございましたら、予約表からお申し込みをいただくか下記お問い合わせフォームよりご相談下さい。どうぞよ . . .

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全

変形性股関節症は進行性の病です。 しかしながら、関節症がどういったことがきっかけで、軟骨や骨の破壊を招くのかは未だ明らかにされていません。一方で、実際に変形性股関節症を診断された皆さんの声からは、症状の進行を招く声が聞かれます。注意深く観察していると、股関節にとって負担になる動作を繰り返していることがわかります。 ご相談いただいたいのは、50代 . . .

[股関節への手術] 受傷起点と経過とその後について

先週はブログをお休みさせていただきまして申し訳ございませんでした。本日から再開いたします。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 今日は「手術後の経過」について考えてみたいと思います。 研究論文を読んでみたり股関節学会にも参加し専門医の先生方の意見に聴講してみたり、私自身もこの場で実際の手術後の方たちに日々お会いしてきました。骨切り手術 . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 進行期/末期

保存施術+ 手術を回避
ginzaplusでは、変形性関節症国際学会(OARSI)のガイドラインと最新のエビデンスをもとに手術に頼らないを施術を提供させていただいております。その中で、これまでの経験からも最も効果が高いと感じている手法は「筋肉」と「歩行(脳と神経)」への介入です。 股関節痛の多くの原因は「筋肉」と捉え、その筋肉への負担は全身運動でもある「歩き方」に問題が . . .

[変形性股関節症] 初期で終わらせられるか

変形性股関節症の痛みも、初期の段階で、適切な処置を施すことができれば、速やかに解消されることができます。ただしこれも、はじめの導入の段階が極めて重要で、最初でつまづいてしまうと、症状の進行を招き恐れがあります。 初期は初期で終わらせるためのポイントを、今日は皆さんから寄せられるコメントをヒントに考えてみたいと思います。 まず大切なの . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 進行期/末期

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症のリハビリをはじめる上で最も大切なことは、情報収集です。 一般的に変形性股関節症は「進行性の病」と例えられますが、病状が進行しても、必ずしも、手術が必要になるということではありません。 ただし、「歩き方」に不自由を抱えてるのにそのままにしておいたり、今まで難なくこなせていた「日常生活動作」にまで問題を抱えるようになれば、何らか . . .

[保存施術] 手術前後の悩み

どんな治療にも100%がないように、これは優れた医療技術を駆使しても同じことです。関節を正常に近づけたところで、人為的なミスは生じ得るものだし、完璧に取り揃えるのは難しいのでしょう。 人工関節による脚長差の問題です。 脚長差は、手術の後「早期」に生じたものか、あるいは、手術後「何年も経過して」生じたものかによって対処方法がわかれます。本 . . .

[施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後

保存施術+ 手術後
人工股関節の手術をすれば多くのケースで痛みは解消されます。ところが、歩き方に問題が残れば不具合も訴えることもあります。短期入院が主流となった今、歩き方への介入が終わらずに、ご自宅へと戻されてしまうケースが増えています。 ご相談いただいたのは、50代女性、大腿骨頭壊死によりナビゲーションによる人工股関節置換術を行っています。 幼少期には股関節のト . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 手術前リハビリ

保存施術+ 手術前
変形性股関節症も初期の場合、全く手術の必要はないと思われますが、進行期や末期にまで差し掛かると、(症状によっては)手術も治療選択の一つと考えてもよいのでしょう。 ご相談いただいたのは、50代女性、専門医師により変形性股関節症末期と診断された方です。20代から股関節痛を経験し、介護をきっかけに急速に悪化。脚長差が生じるまでに骨も変形し、ご本人も手術を検 . . .

変形性股関節症 希望

昨日は上から眺めてみると、銀座三越も松屋銀座の駐車場は大渋滞。帰宅すると、再び緊急事態宣言とのニュースが。でも、オリンピックは開催?この先の日本は、一体、どうなってゆくのでしょうか。 さて、今日も嬉しいご報告です。先日も遠方から遥々新幹線を乗り継ぎ、お越しいただきました。変形性股関節症を患い約10年。 脚長差もあり、可動域にも制限がありまし . . .

変形性股関節症 進行を食い止める保存療法

いよいよオリンピックもはじまりますね。7月は祝日も変更になるようですが、ginzaplusでは通常通り4日、11日、18日、25日の日曜日のみお休みをいただきます。急な痛みにも対応させていただきます。いつでもご相談下さい。 さて、変形性股関節症の進行を食い止めるには、どんな方法があるのでしょうか。 ・もう黙ってその時を待つしかないのでしょうか? . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行期や末期との診断であっても、前向きに取り組む姿勢さえあれば、手術せずに痛みの解消も期待できます。ただ、何もせずにその場をしのいでも、やがて、関節が硬くなり筋力低下が起こりがちです。少しでも努力し改善させたい、その気持ちさえあれば、まだ改善の可能性は残されているでしょう。 今回ご相談いただいたのは50代の女性です。専門医からは変形性 . . .

変形性股関節症 施術のプレゼント

ginzaplusへは皆さん様々な経緯でご相談いただきます。最近、銀座でも大阪出張でも多かったのは、お母さまへのプレゼント。 ・少しずつ、歩きに自信なさげな様子。 ・常に、身体の各所に痛みを訴える。 ・何となく、元気がない。 など、整形外科へ行ってもすぐに解決できないような症状も、やり方や進め方によっては、すぐにでも効果を実感いただける症状 . . .

変形性股関節症 外科医の視点

大阪出張中です。大阪の感染者数も下がりつつありますね。ワクチン接種も開始されました。徐々にではありますが、日本も明るい未来に近づきつつあるように感じます。あとはオリンピック、どうなるのでしょうか...。 さて、今回も様々な背景を抱えた皆さまからご相談をいただいております。昨日ご相談いただいたのは、医療機関ご勤務の外科の先生。様々な手術に携わる傍ら、整 . . .

[施術事例] 50代 人工股関節手術後 脚長差

保存施術+ 手術後
人工股関節手術後に最も多いトラブルとして、脚長差(きゃくちょうさ)の問題が上げられます。脚長差が生じると、歩き方に問題が現れ、最終的には反対側の股関節にも痛みが生じることが多いようです。 ご相談いただいのは50代の女性です。医療機関では変形性股関節症と診断され、即人工関節による手術を受けています。 手術後1ヶ月後までは、順調に回復していましたが . . .

[施術事例] 70代 股関節脱臼骨折 転倒

保存施術+ 手術を回避
転倒による骨折後に股関節痛を訴え、ご相談にお越しいただきます。手術後でも、本調子に至らず痛みに悩まされるケースも増えています。 ご相談いただいたのは70代の女性です。近所で転倒し、医療機関では股関節脱臼骨折との診断です。入院中に医療事故に巻き込まれ症状が悪化。外科的な手術を勧められましたが、ご家族がこれを拒否され、セカンドオピニオンを求めお越しいただ . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
改善までの期間には個人差があります。変形性股関節症も進行期や末期ともなると、経過が長いこともあり、回復までに1年を要することも珍しくはありません。人生における股関節症の痛みを、保存で取り除くのか、あるいは短期に手術で解消させるべきか、大きなターニングポイントになりそうです。 ご相談いただいたのは50代の女性です。3年前に変形性股関節症を診断され、薬だ . . .

変形性股関節症 しゃがみ動作と脚長差(きゃくちょうさ)

今朝は、前回のご質問の続きです。変形性股関節症も長く患ってくると、しゃがみ動作ができない、脚の長さが変わった(脚長差)、などの問題が現れるようになります。この疾患を抱えた皆さんにとっての宿命とも捉えられるかも知れません。ただ、これも最初の情報が肝心で、やらなくなればできなくなりますし、オリジナルの手法に入る前に、ぜひ将来を見据え、しっかりと改善方法を頭で理 . . .

[施術事例] 20代 臼蓋形成不全 側弯症

股関節は身体の中心に位置する関節であり、2足歩行の人間にとっては土台となる関節です。股関節に異常をきたすと全身にその影響が現れます。 ご相談いただいたのは20代の女性です。仕事中に股関節痛を発症し、医師からは臼蓋形成不全との診断で手術を勧められています。 幼少期には側弯症との診断を受けており、あまりにも痛みが強いことから杖を使用した生活が余儀な . . .
新しい記事 検索  最新 | 52件 | P1/3古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz