ブログ>ハッシュタグ検索

#施術事例・手術を回避

新しい記事 検索  最新 | 105件 | P1/6古い記事

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全

変形性股関節症は進行性の病です。 しかしながら、関節症がどういったことがきっかけで、軟骨や骨の破壊を招くのかは未だ明らかにされていません。一方で、実際に変形性股関節症を診断された皆さんの声からは、症状の進行を招く声が聞かれます。注意深く観察していると、股関節にとって負担になる動作を繰り返していることがわかります。 ご相談いただいたいのは、50代 . . .

[施術事例] 60代 関節リウマチ

保存施術+ 手術を回避
アメリカのリウマチ学会(ACR)、ヨーロッパのリウマチ学会(EULAR)でも、関節痛の除去に治療の第一優先として運動療法を推奨しています。 加齢に伴う「筋力低下」は変形性関節症の要因でもあります。できるだけ筋力は落とさないように、とはいっても40代以降、加齢に伴う筋力低下は避けられません。姿勢や歩き方に乱れが生じれば、速やかに解消し、その先の安心を手 . . .

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全

保存施術+ 手術を回避
コロナ自粛期間中に、股関節痛を抱える方が多くいらっしゃいます。 運動不足も股関節痛の原因です。現在日本には第7波が来ているようです。歩かない日常、椅子に座ったままでの生活に陥らないように、変形性股関節症を診断された皆さんにはぜひ気をつけていただきたいと思います。 ご相談いただいのは、50代の女性です。 コロナ自粛期間中に股関節に違和感、症状が . . .

[施術事例] 60代 変形性股関節症

保存施術+ 手術を回避
ちょうど今「世界陸上」が放送されています。世界の卓越した身体能力、超人的なパフォーマンスに日々驚かされます。皆さんへのご指導のヒントも実はこんなところにも潜んでます。世界一ではないかも知れませんが、今ある環境でベストを目指していく姿は、ginzaplusへ通っている皆さんも同じはずです。タイムも大事ですが、現状を打開し、将来を見据えた継続できる努力もそれに . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 進行期/末期

保存施術+ 手術を回避
ginzaplusでは、変形性関節症国際学会(OARSI)のガイドラインと最新のエビデンスをもとに手術に頼らないを施術を提供させていただいております。その中で、これまでの経験からも最も効果が高いと感じている手法は「筋肉」と「歩行(脳と神経)」への介入です。 股関節痛の多くの原因は「筋肉」と捉え、その筋肉への負担は全身運動でもある「歩き方」に問題が . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 進行期/末期

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症のリハビリをはじめる上で最も大切なことは、情報収集です。 一般的に変形性股関節症は「進行性の病」と例えられますが、病状が進行しても、必ずしも、手術が必要になるということではありません。 ただし、「歩き方」に不自由を抱えてるのにそのままにしておいたり、今まで難なくこなせていた「日常生活動作」にまで問題を抱えるようになれば、何らか . . .

[施術事例] 40代 両側臼蓋形成不全

保存施術+ 手術を回避
日本人には臼蓋形成不全が多いとされています。ある統計によれば、日本人女性の10人にひとりが臼蓋形成不全を抱えているとの報告も聞かれます。それほど今では珍しい症状ではありません。問題は、痛みを抱えるようになってからの対処の仕方です。 ご相談いただいのは、40代の女性です。2階建ての家に引っ越すようになってから股関節痛を発症。2ヶ所の医療機関でははMRI . . .

[施術事例] 80代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
レントゲン画像の重症度と痛みの程度が、必ずしも、一致しないことが多くあります。長引く痛みにも、痛みの原因を幅広く検証し、最終的な治療の手段を導き出す構えが必要です。 ご相談いただいのは、80代の女性です。医療機関では右股関節の変形性股関節症末期と診断され、手術を勧められています。 痛みを訴えるようになったのは、2年前です。日本舞踊でご活躍され、 . . .

[施術事例] 40代 股関節唇損傷

保存施術+ 手術を回避
普段の日常生活動作を正確に実践できるようになると、股関節の痛みも次第に和らぎます。 ご相談いただいたのは、40代の女性です。医療機関では股関節唇損傷を診断され、手術日が決定しています。 突如、誘因なく発症した股関節痛です。歩行時の最も痛みが強く、階段動作ができなくなり、ポキポキ音が気になりはじめています。医療機関では上記診断のもと手術が決まって . . .

[施術事例] 大学生 股関節唇損傷

保存施術+ 手術を回避
アスリートに頻発する股関節唇損傷も、一種の「怪我」のような症状だと考えています。解決手段に手術もありますが、手術までしなくてもよくなるケースが多くあります。実際に手術をしたことで、復帰が危ぶまれたりスポーツを断念せざるを得ない状況にも遭遇します。慎重な判断が望まれます。 ご相談いただいたのは10代女性(大学生)、ダンスのインストラクターです。 . . .

[施術事例] 80代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
「変形性関節症とは、関節への負担が原因で起こる関節疾患で、軟骨の破壊及び軟骨と骨の変形を来たし、 慢性の関節炎を伴います」 参照:人工関節ドットコムhttps://www.jinko-kansetsu.com/pain/hip/oa.html 変形性関節症の国際学会(OARSI)でも同じように説明されますが、唯一異なる点は「痛み」と「関節炎」の . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行期や末期との診断であっても、前向きに取り組む姿勢さえあれば、手術せずに痛みの解消も期待できます。ただ、何もせずにその場をしのいでも、やがて、関節が硬くなり筋力低下が起こりがちです。少しでも努力し改善させたい、その気持ちさえあれば、まだ改善の可能性は残されているでしょう。 今回ご相談いただいたのは50代の女性です。専門医からは変形性 . . .

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全 スポーツジム

保存施術+ 手術を回避
臼蓋形成不全との診断であっても、病状を正しく理解して、適切な方法で日常生活を送れれば、決して手術に至るようなことはないでしょう。 ご相談いただいたのは40代の女性です。大学病院の専門医からは臼蓋形成不全を診断され、手術を勧められています。 趣味のスポーツジム通いから発症した股関節痛です。マシーンや重りを付けたスクワットで股関節を痛め、歩けなくな . . .

[施術事例] 50代 股関節唇損傷 骨切り手術を勧められて

保存施術+ 手術を回避
股関節痛を抱え外科的な治療手段を勧められても、まずは、保存的な介入でどこまで改善する可能性があるのかを確認するようにしましょう。手術を決断するのは、保存施術での結果を待ってからでも十分に間に合います。 ご相談いただいたのは50代の女性です。医療機関では、股関節唇損傷と臼蓋形成不全を診断され、骨切りによる手術を勧められています。 突発的な発症した . . .

[施術事例] 40代 股関節唇損傷 怖さ

保存施術+ 手術を回避
股関節痛の診断結果を知ることで、怖さからまともに身体を動かせずに、悪化を招いてることがあるようです。こうしたケースでも、早期に対応しておけば、重症化させずに済みます。身体面のみならず、メンタル面の健康も同時に手に入れましょう。 ご相談いただいたのは、40代の女性です。出産後に股関節痛を発症し、臼蓋形成不全を診断されました。その後も痛みは無くならず、か . . .

[施術事例] 70代 股関節脱臼骨折 転倒

保存施術+ 手術を回避
転倒による骨折後に股関節痛を訴え、ご相談にお越しいただきます。手術後でも、本調子に至らず痛みに悩まされるケースも増えています。 ご相談いただいたのは70代の女性です。近所で転倒し、医療機関では股関節脱臼骨折との診断です。入院中に医療事故に巻き込まれ症状が悪化。外科的な手術を勧められましたが、ご家族がこれを拒否され、セカンドオピニオンを求めお越しいただ . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
改善までの期間には個人差があります。変形性股関節症も進行期や末期ともなると、経過が長いこともあり、回復までに1年を要することも珍しくはありません。人生における股関節症の痛みを、保存で取り除くのか、あるいは短期に手術で解消させるべきか、大きなターニングポイントになりそうです。 ご相談いただいたのは50代の女性です。3年前に変形性股関節症を診断され、薬だ . . .

[施術事例] 20代 臼蓋形成不全 ヘルニア

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症は初期であれば、速やかに痛みは解消されます。おおよその目安は3ヶ月~半年です。進行期や末期ともなると経過が長い分、改善までにも時間を要します。 ご相談いただいたのは20代の女性です。職業柄、腰への負担が大きく以前にヘルニアを診断され、その後股関節にも痛みが現れ、医療機関では臼蓋形成不全と診断されています。担当医からは「様子をみましょう」 . . .

[施術事例] 60代 股関節唇損傷 民間療法

保存施術+ 手術を回避
ginzaplusでは、「痛み」と「歩き」は同時進行で取り組んでいただきます。動けなくなる期間をできるだけ縮小し、筋力低下を引き起こさない、メンタルの痛みを生じさせいことが目的です。 ご相談いただいたのは60代の女性です。医療機関では股関節唇損傷と診断されています。民間療法にも通っていらっしゃいますが、改善されていません。10年が経ち再び症状が悪化し . . .

[施術事例] 20代 臼蓋形成不全 側弯症

股関節は身体の中心に位置する関節であり、2足歩行の人間にとっては土台となる関節です。股関節に異常をきたすと全身にその影響が現れます。 ご相談いただいたのは20代の女性です。仕事中に股関節痛を発症し、医師からは臼蓋形成不全との診断で手術を勧められています。 幼少期には側弯症との診断を受けており、あまりにも痛みが強いことから杖を使用した生活が余儀な . . .
新しい記事 検索  最新 | 105件 | P1/6古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz