•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 50代 股関節唇損傷 骨切り手術を勧められて
ブログ

[施術事例] 50代 股関節唇損傷 骨切り手術を勧められて

[施術事例] 50代 股関節唇損傷 骨切り手術を勧められて

保存施術+ 手術を回避
股関節痛を抱え外科的な治療手段を勧められても、まずは、保存的な介入でどこまで改善する可能性があるのかを確認するようにしましょう。手術を決断するのは、保存施術での結果を待ってからでも十分に間に合います。

ご相談いただいたのは50代の女性です。医療機関では、股関節唇損傷と臼蓋形成不全を診断され、骨切りによる手術を勧められています。

突発的な発症した股関節痛が、この数ヶ月で徐々に酷くなってきています。歩くことは可能ですが、痛みを感じる割合が高くなってきています。手術による後遺症を考えると、できれば避けたいとの思いから、お越しいただきました。

保存施術を開始し計6回、約半年での成果です。
突如宣告された手術との言葉にショックを受け、メンタルへの影響が大きいように思われましたが、少しずつ現在の状態に対する理解が深まり、徐々に活動範囲が広がると、痛みは解消され、小走りができるまでに回復されています。

レントゲン画像をご覧いただければおわかりのように、まだまだきれいな股関節です。メスを入れてしまうのはもったいない状態です。これまでの筋肉疲労が原因で発症した股関節痛でしょう。

こうした問題のない股関節でも、かばって安静にし筋力低下を引き起こしてしまうと、進行させてしまうケースもあります。ご自身の股関節の状態に合わせ、運動の負荷の量には注意していきましょう。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz