ブログ>ハッシュタグ検索

#保存施術

新しい記事 検索  最新 | 561件 | P1/29古い記事

NEW [施術事例] 50代 人工股関節置換術後

保存施術+ 手術後
「反対側は当分手術をしないでいきたい」 片側の手術をすると決まって待ち受けているのが、反対側への負担です。最近では短期入院が推奨され、益々リハビリ期間が短縮されつつある中、術側・未手術側へのケアが不十分なまま退院を余儀なくされるケースが多くあります。手術はできれば一回で済ませたい、おそらく多くの患者様の願いでもあるでしょう。 ご相談いただいたの . . .

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全

変形性股関節症は進行性の病です。 しかしながら、関節症がどういったことがきっかけで、軟骨や骨の破壊を招くのかは未だ明らかにされていません。一方で、実際に変形性股関節症を診断された皆さんの声からは、症状の進行を招く声が聞かれます。注意深く観察していると、股関節にとって負担になる動作を繰り返していることがわかります。 ご相談いただいたいのは、50代 . . .

[変形性股関節症] コロナショック

新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済は戦後最悪の経済危機を迎えているといわれています。 経済面では株価の暴落、外出規制や渡航制限が加えられたことで人同志の交流が減り、自殺者が増え、現在でもうつ患者が増大していると報告されています。 また最近になって銀座の街中を見回しても、脚を引きずって歩く方を多く目にするようになりました。 自宅 . . .

[変形性関節症] ウォーキング

まだまだ暑い日は続きますが、だいぶ過ごし易い季節になりましたね。来週末は北海道に移動します。 さて、運動の秋、変形性股関節症を診断された皆さんにとってもウォーキングは大切です。before/afterでご紹介している通り、この病気が怖いのは、うっかり歩かない生活に陥ることで歩き方すら忘れてしまうのです。 実際に皆さんの施術の通じて頻繁に聞か . . .

[施術事例] 60代 関節リウマチ

保存施術+ 手術を回避
アメリカのリウマチ学会(ACR)、ヨーロッパのリウマチ学会(EULAR)でも、関節痛の除去に治療の第一優先として運動療法を推奨しています。 加齢に伴う「筋力低下」は変形性関節症の要因でもあります。できるだけ筋力は落とさないように、とはいっても40代以降、加齢に伴う筋力低下は避けられません。姿勢や歩き方に乱れが生じれば、速やかに解消し、その先の安心を手 . . .

[施術事例] 60代 変形性股関節症

保存施術+ 手術を回避
ちょうど今「世界陸上」が放送されています。世界の卓越した身体能力、超人的なパフォーマンスに日々驚かされます。皆さんへのご指導のヒントも実はこんなところにも潜んでます。世界一ではないかも知れませんが、今ある環境でベストを目指していく姿は、ginzaplusへ通っている皆さんも同じはずです。タイムも大事ですが、現状を打開し、将来を見据えた継続できる努力もそれに . . .

[股関節唇損傷] 痛みの原因チェック

「股関節唇損傷」との診断であっても、関節唇そのものに痛みが存在しないことがあります。 では、どうして関節唇が損傷するに至ったのでしょうか。これは、股関節唇損傷に限らずですが、股関節から痛みが発するからには何か原因があるはずです。その原因を追求する姿勢こそが、保存療法でも大切です。 ・怪我によるものか ・加齢に伴うものか ・姿勢や歩き方、 . . .

[施術事例] 40代 両側臼蓋形成不全

保存施術+ 手術を回避
日本人には臼蓋形成不全が多いとされています。ある統計によれば、日本人女性の10人にひとりが臼蓋形成不全を抱えているとの報告も聞かれます。それほど今では珍しい症状ではありません。問題は、痛みを抱えるようになってからの対処の仕方です。 ご相談いただいのは、40代の女性です。2階建ての家に引っ越すようになってから股関節痛を発症。2ヶ所の医療機関でははMRI . . .

[保存施術] 医療機関との連携

なかなか日本では、変形性股関節症に対する保存療法に理解をいただける医療機関は少ないわけではありますが、それでもその輪は少しずつ広がりつつあります。 一昨日は雑誌の取材をお受けしました。 股関節とは、身体の奥深くに存在する関節のため、その異常に気が付けるチャンスが少ないように思われます。特に、日本では海外のような肥満が原因で変形性関節症に至る . . .

[保存施術] 変形性股関節症とメンタル

今日はもう一歩踏み込んで変形性股関節症と「痛み」について考えてみましょう。 変形性股関節症とは、単に、軟骨のすり減りや骨の変形などのハード面にとどまらず、ソフト面への影響を強く受けることがあります。よく知られるケースでは、骨の問題はそれほどでもないのに、常時痛みを訴えるケース。一方で、進行期や末期でもほとんど痛みを訴えないケースなどが存在しま . . .

[保存施術] エンデュアランススポーツのすすめ

マラソンランナーではなくてもご存知ではないでしょうか。マラソンのグランドスラム、6大会優勝を目指すケニア出身のキプチョゲ選手。年齢は37歳。まだまだ進化を続けるその走りに魅了されてしまうファンは多いはずです。 一度は生で観たい、との思いから昨年の東京五輪で出場する際には、札幌まで行こうかとも考えたほどです。先週末の東京マラソンに出場するとのこ . . .

[施術事例] 80代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
レントゲン画像の重症度と痛みの程度が、必ずしも、一致しないことが多くあります。長引く痛みにも、痛みの原因を幅広く検証し、最終的な治療の手段を導き出す構えが必要です。 ご相談いただいのは、80代の女性です。医療機関では右股関節の変形性股関節症末期と診断され、手術を勧められています。 痛みを訴えるようになったのは、2年前です。日本舞踊でご活躍され、 . . .

[保存施術] 変形性股関節症のためのガイドライン

変形性股関節症との診断を受けたのなら、何を、どのように進めていけば良いのか、その治療指針となるのがガイドラインの存在です。 テレビや雑誌などの取材を受ける際にも「そこには、エビデンスがあるのでしょうか?」との問い合わせがあるように、十分な研究データに裏付けされた証拠がなければ取り扱ってくれない場合もあるようです。 一番最近改定されたもの . . .

[保存施術] 努力と覚悟

オリンピック、ご覧になられていますか。今回はいろんな問題が取り上げられていますが、アスリートの一瞬に人生をかける真剣な眼差し、不可能を可能にさせた果てしない努力、心がしびれますね。 変形性股関節症も重篤な場合には、手術に頼らざるを得ない状況もありますが、ご自身が諦めない限り、結果は自ずとついてきます。 サーフィンから股関節痛を発症させ、 . . .

[施術事例] 40代 股関節唇損傷

保存施術+ 手術を回避
普段の日常生活動作を正確に実践できるようになると、股関節の痛みも次第に和らぎます。 ご相談いただいたのは、40代の女性です。医療機関では股関節唇損傷を診断され、手術日が決定しています。 突如、誘因なく発症した股関節痛です。歩行時の最も痛みが強く、階段動作ができなくなり、ポキポキ音が気になりはじめています。医療機関では上記診断のもと手術が決まって . . .

[股関節の基礎] Hip Instability(股関節の不安定性)

先日ある雑誌の取材を受けました。 股関節の基礎についてはお話しをさせていただきましましたが、やはり、目に見えない関節だけにイメージしにくい関節ですね。私も大学病院時代に、実際の股関節の手術に立ち会わなければ、股関節に特化した施術を行おうとは思わなかったかも知れません。変形性股関節症で手術に至るような痛んだ股関節の状況をみると、今、やらなければならない . . .

[施術事例] 大学生 股関節唇損傷

保存施術+ 手術を回避
アスリートに頻発する股関節唇損傷も、一種の「怪我」のような症状だと考えています。解決手段に手術もありますが、手術までしなくてもよくなるケースが多くあります。実際に手術をしたことで、復帰が危ぶまれたりスポーツを断念せざるを得ない状況にも遭遇します。慎重な判断が望まれます。 ご相談いただいたのは10代女性(大学生)、ダンスのインストラクターです。 . . .

[2022年] 保存施術 可能性にチャレンジ

40歳以降、股関節痛を訴えやすくなります。若い方が増えたとはいえやはりお越し下さる年齢層をみると、一番多いのが40代そして50代の方たちです。昨年の緊急事態宣言が解除されて以降はお問合せのが後を経ちません。今ある痛みに対して何が必要なのか。もちろん、安静にすれば痛みは軽減されるでしょうが、それがこの問題の本質的な解決ではなく、いかに動き続けられる環境を . . .

[施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 股関節唇損傷疑い

保存施術+ 手術後
日本人における変形性股関節症の発症の多くは、幼少期における姿勢や歩き方と密接に関わりがあると考えています。大人になってからでは対応が難しいこともありますので、親御さんからみて姿勢や歩き方に問題を感じれば、早めに確認しておきましょう。 ご相談いただいのは中学生です。都内の大学病院で臼蓋形成不全と股関節唇損傷(疑い)を診断され、手術日が決まっています。 . . .

[施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後

保存施術+ 手術後
人工股関節の手術をすれば多くのケースで痛みは解消されます。ところが、歩き方に問題が残れば不具合も訴えることもあります。短期入院が主流となった今、歩き方への介入が終わらずに、ご自宅へと戻されてしまうケースが増えています。 ご相談いただいたのは、50代女性、大腿骨頭壊死によりナビゲーションによる人工股関節置換術を行っています。 幼少期には股関節のト . . .
新しい記事 検索  最新 | 561件 | P1/29古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz