ブログ>ハッシュタグ検索

#バレーボール

新しい記事 検索  最新 | 6件 | P1/1古い記事

[施術事例] 50代 臼蓋形成不全

変形性股関節症は進行性の病です。 しかしながら、関節症がどういったことがきっかけで、軟骨や骨の破壊を招くのかは未だ明らかにされていません。一方で、実際に変形性股関節症を診断された皆さんの声からは、症状の進行を招く声が聞かれます。注意深く観察していると、股関節にとって負担になる動作を繰り返していることがわかります。 ご相談いただいたいのは、50代 . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
日本における「臼蓋形成不全が進行する」との考えは、専門家たちの間での極端な活動制限が原因にあるように感じています。安静を強いることで大事な筋力をも損なわれます。これは、何としても避けなくてはならないでしょう。 ご相談いただいたのは、50代の女性です。医療機関では臼蓋形成不全、変形性股関節症と診断されています。 幼少期から股関節に違和感を抱え、症 . . .

[施術事例] 30代 変形性股関節症 初期 骨切り術を勧められて

保存施術+ 手術を回避
幼少期における姿勢や歩き方は、大人になってからの変形性股関節症と密接な関係があります。床での座り方の癖や前屈みや横揺れの歩き習慣があれば、早めに対応しておきましょう。 ご相談いただいたのは30代の女性です。医療機関からは変形性股関節症の初期と診断され、1年以内に骨切り手術をするように勧められています。 元々ぺちゃんこ座りの習慣があり、学生時代は . . .

[施術事例] 40代 先天性股関節脱臼 6回の手術を経験

保存施術+ 手術を回避 手術後
先天性の股関節脱臼の既往があったり、幼少期から度重なる手術の経験があれば、大人になってから注意しなければなりません。違和感や痛みを感じれば、すぐにでもお越し下さい。 ご相談いただいたのは40代の女性です。過去に6回の手術を経験され、現在は常時痛みを訴え、担当医からも手術を勧められています。 手術の後遺症が現れはじめたのは、出産を経験してからです . . .

[前屈・しゃがみ動作] 股関節唇損傷 即時効果

現在日本では、レントゲン上明らかな変形がない、ほぼ正常と思われる股関節も痛みを訴えれば、股関節唇損傷を疑われる機会が非常に増えています。先日、大阪出張時に御会いした方もまさに同じような体験をされていらっしゃいました。 寝返りをうった際に股関節周囲の激痛に見舞われ、訪ねた医療機関では画像所見の結果、股関節唇損傷、手術が必要との診断。しかし、痛みを抱える . . .

[施術事例] 50代 変形性股関節症「進行期」 骨嚢胞

保存施術+
「骨嚢胞」と呼ばれる現症が起こります。変形性股関節症も初期から進行期に差し掛かる過程の中で、あるいは、進行期から末期の間でも、レントゲン上の骨に穴が空くことがあります。その原因については未だ不明なことも多いのですが、ある程度の期間を経て観察してくると、骨嚢胞も消失してくることもあります。 ご相談いただいたのは60代の女性です。医療機関では、臼蓋形成不 . . .
新しい記事 検索  最新 | 6件 | P1/1古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz