•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後
ブログ

[施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後

[施術事例] 50代 大腿骨頭壊死症 人工股関節手術後

保存施術+ 手術後
人工股関節の手術をすれば、多くのケースで痛みが解消されます。ところが、歩き方に問題が残れば不具合も訴えます。短期入院が主流となった今、歩き方への介入が終わらずにご自宅へ帰されてしまうケースも増えています。

ご相談いただいたのは、50代女性、大腿骨頭壊死によりナビゲーションによる人工股関節による手術を行いました。幼少期に股関節にトラブルはなく、バスケットボール部に所属し、社会人ではダンスを趣味に。40代になってからステロイドの服用がはじまり、その後大腿骨頭壊死との診断で、手術に至っています。

施術開始後3ヶ月、4回での経過です。
前回お越し下さった際には、杖無しで通勤ができるまでに回復されていました。今回のように短期間に回復されればよいのですが、中には、長期に渡る杖使用や脚長差の影響からスムーズに回復しないケースもございます。

短期入院がよいとの風潮もありますが、個々の能力はそれぞれです。症状に応じた手術方法や医療機関の選択が必要なのでしょう。杖の必要性の判断の有無や歩き方の癖は早めに取り除いておかないと、反対側への負担も心配されます。適切な指導を受け、早期に回復させましょう。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz