•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 60代 関節リウマチ
ブログ

[施術事例] 60代 関節リウマチ

[施術事例] 60代 関節リウマチ

保存施術+ 手術を回避
アメリカのリウマチ学会(ACR)、ヨーロッパのリウマチ学会(EULAR)でも、関節痛の除去に治療の第一優先として運動療法を推奨しています。

加齢に伴う「筋力低下」は変形性関節症の要因でもあります。できるだけ筋力は落とさないように、とはいっても40代以降、加齢に伴う筋力低下は避けられません。姿勢や歩き方に乱れが生じれば、速やかに解消し、その先の安心を手に入れたいところです。

今回ご相談いただいたのは、60代の女性です。
5年前に股関節痛を発症し、関節リウマチと診断されています。時折、膝関節内に水が溜まり、頻繁に整形外科で抜いてもらることを繰り返しています。痛みの増強時には、杖の使用が避けれません。

ginzaplusでの保存施術を開始してから約1年半、11回での成果です。
当初の歩きの乱れは解消され、スムーズな足取りへと変化しています。

初回時には、
「どう歩いたらいいんだろうと毎日考えています」
「歩くのが怖くて、しんどいです」
「いつ倒れるかな」
「いつグキッとここに来るかな」
こうした訴えが聞かれました。

それが、1年半経った現在では、
「こんなに歩けるとは思わなかった」
と、仰るように膝への負担も解放され、水が溜まることはなくなりました。

人間の身体の関節は本来動く方向が決まっていて、そのルール従って動かせるようになれば、関節を破壊したり、炎症を引き起こすようなリスクを避けられます。

こちらの方がginzaplusへお越しいただくようになったのは、駅で「銀座プラスへ通った方が良いですよ」と声をかけられたことがきっかけです。歩き方の異常は、なかなかご自身では気が付けないことが多いようです。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz