事例紹介
保存療法の施術事例

ginzaplusの「保存療法+」による股関節痛施術の事例

ginzaplusでは、これまで多くの患者様の股関節痛の改善に向けての施術を行っており、多くの実績を積んでおります。 ここでは一部の患者様の施術前と施術後の様子を動画でご紹介します。

股関節痛の症状は様々です。 なんとなく違和感があってスムーズに歩きにくいという方から、 医療機関から手術を宣告されて藁をもつかむ思いで手術を回避したい方、 手術後のリハビリがうまくいかずに後遺症で悩む方など、 軽い症状の方から手術前・手術後までと重度もさまざまです。

病名や重度、身体の状態によって施術回数や施術期間は皆様それぞれに個人差はございますが、 ここで実際に動画にてご覧頂けるように、ginzaplusの「保存療法+」(股関節セラピー) により、一定の改善が見られることをご理解頂けると思います。

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の施術事例

全て見る

医療機関より「臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)」と診断された患者様の施術事例です。変形性股関節症や股関節唇損傷との併発、手術前後のケースも含みます。

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 小学校教師。幼少期から胡座(あぐら)をかくことは困難であり、股関節の可動域に問題は抱えていましたが、学生時代はバドミントンで国体レベルの活躍を. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 会社員。40代、エアロビクス中に股関節痛を発症し、当時かかった整形医師からは骨嚢胞の存在を指摘され手術の宣告。手術への恐怖と不安から一旦手術を. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 講師。自己流ではじめたヨガをきっかけに腰痛、股関節痛を発症し、近所の整形外科医師からは臼蓋形成不全との診断。「今直ぐにではないが、いずれその. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 主婦。20代からぎっくり腰を繰り返し、2011年にガクッと右股関節が外れるような違和感を経験。その後、反対側にも痛みが出現し、自己流のリハビリ、体. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 30代 会社員。幼少期から内股傾向があり、転倒することが多く、30代になってから初めて股関節の激痛を経験されます。整骨院やカイロではなかなか改善されず. . .

RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

手術後 40代 デスクワーク。学生時代はテニス、社会人になってからはエアロビクスを趣味で続け、ある日突然、股関節周囲の痛だるさと疲労感を訴え、股関節専門医を. . .

両側RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

手術後 30代 看護師。幼少期から“ぺちゃんこ座り”、床での座り方には癖があり、10代で股関節痛を発症。医師からは、予防目的に両側の骨切り術を勧められ、手術を施. . .

RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

手術後 30代 主婦。学生時代からスポーツに励み、テニスを経験してから股関節痛を発症。医師の勧めで20代で右側の骨切り術を施行し、その後は順調に経過していまし. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。2011年から股関節に違和感を感じはじめ、某大学病院の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと跛. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 看護師。元々股関節の使い方の癖を自覚し、勤務先の行事で突如股関節痛を発症。大学病院の専門医師からは股関節唇損傷との診断。緊急手術の必要性を迫. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。学生時代はラグビーを経験し、社会人になり突然、階段昇降時にズキンとした股関節痛を発症。3箇所の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け. . .

「脚長差に対する対応」変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 40代 パート、立ち仕事。30代で膝の痛みを経験し、出産後から股関節痛を発症。2008年からは、脚の長さの差(脚長差)を感じはじめ、右つま先立ちでの生活から. . .

「出産後の股関節痛」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 30代 会社員、育休中。30代に入ってから膝痛、股関節痛を発症し、某大学病院では臼蓋形成不全との診断。出産後は、育児生活の影響から更に悪化し、痛みの改. . .

「人工股関節全置換術へ向けて」手術前リハビリ

手術前 手術後 50代 主婦。先天性股関節脱臼の既往があり、40代を過ぎてから股関節痛を発症、50歳では歩行が困難になるまでに悪化。某医療機関で骨髄ドレナージ術を施行し. . .

「脚が広がらない」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 会社員。長時間のデスクワーク、ご家族の介護によるオーバーワークから股関節痛を発症。歩行訓練や他のエクササイズを試みましたが、5分も歩けないほ. . .

「立ったまま靴下が履けない」股関節唇損傷手術後(展開術)

手術後 50代 主婦。ヨガをはじめてから股関節痛を発症し、車の乗り降り、自転車も困難になるまで症状は悪化。専門医師からは股関節唇損傷との診断を受け、切開によ. . .

「しゃがめない、床から立ち上がれない」変形性股関節症(進行期)

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。股関節痛を抱え整形外科を訪ねると、臼蓋形成不全による変形性股関節症との診断。直ぐさま人工股関節の手術が必要と勧められましたが、ご本人の. . .

ヘルニア手術後の股関節痛

手術後 40代 デスクワーク。突然、左腰部の痛みを感じ、専門医を訪ねたところ腰椎ヘルニアとの診断。レーザー治療を施行しましたが、治療後、真っ直ぐ歩くこともで. . .

変形性股関節症(進行期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 主婦。昔から“がに股歩き”を指摘されていましたが、20代ではテニス、スキーを経験。出産直後から立ち上がり動作時に違和感を訴え、徐々に股関節痛を発. . .

「脚長差の改善と骨の強化」RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

保存療法+ 30代 主婦。先天性股関節脱臼により1歳時に骨切りの手術を受け、その後順調に経過していましたが、20代前半になってから15分の歩行も困難に。医師の勧めで2. . .

変形性股関節症(末期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 教員。2006年に変形性股関節症末期との診断を受け、手術の必要性を説明されましたが、ご本人の意思でこれを拒否。2006年からは、ご自分で保存療法を開. . .

先天性股関節脱臼の施術事例

全て見る

医療機関より「先天性股関節脱臼」と診断された患者様の施術事例です。変形性股関節症や臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)との併発、手術前後のケースも含みます。

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。幼少期に先天性股関節脱臼の診断と治療を受け、20代出産を機に、坂道を転げ落ちるように急速に悪化。各種運動療法を試みましたが、改善が認めら. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 パート事務。一歳児、なかなか歩かず、専門医師からギプス治療を受けていましたが、出産後から脚を引きづるような歩き方になり、日常動作にも不具合を. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 パート事務。先天性股関節脱臼の既往はありましたが、30代まで多少痛む程度で過ごされ、40代、雪道を歩いてから症状が悪化。2008年から痛みが強くなり. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。2011年から股関節に違和感を感じはじめ、某大学病院の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと跛. . .

「出産後の股関節痛」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 30代 会社員、育休中。30代に入ってから膝痛、股関節痛を発症し、某大学病院では臼蓋形成不全との診断。出産後は、育児生活の影響から更に悪化し、痛みの改. . .

「人工股関節全置換術へ向けて」手術前リハビリ

手術前 手術後 50代 主婦。先天性股関節脱臼の既往があり、40代を過ぎてから股関節痛を発症、50歳では歩行が困難になるまでに悪化。某医療機関で骨髄ドレナージ術を施行し. . .

「脚長差の改善と骨の強化」RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

保存療法+ 30代 主婦。先天性股関節脱臼により1歳時に骨切りの手術を受け、その後順調に経過していましたが、20代前半になってから15分の歩行も困難に。医師の勧めで2. . .

大腿骨頚部骨折

保存療法+ 手術を回避 30代 塾講師。突如夜も眠れないほどの激痛に見舞われ、近医からは明らかな病変を認めない原因不明の股関節痛との診断。しかし、その後も痛みが残存するため. . .

変形性股関節症の施術事例

全て見る

医療機関より「変形性股関節症」と診断された患者様の施術事例です。先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)との併発、手術前後のケースも含みます。

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。幼少期に先天性股関節脱臼の診断と治療を受け、20代出産を機に、坂道を転げ落ちるように急速に悪化。各種運動療法を試みましたが、改善が認めら. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 パート事務。一歳児、なかなか歩かず、専門医師からギプス治療を受けていましたが、出産後から脚を引きづるような歩き方になり、日常動作にも不具合を. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 パート事務。先天性股関節脱臼の既往はありましたが、30代まで多少痛む程度で過ごされ、40代、雪道を歩いてから症状が悪化。2008年から痛みが強くなり. . .

変形性股関節症(初期)

保存療法+ 手術を回避 70代 主婦。1997年に初めて変形性股関節症初期との診断を受け、その後は整骨院にて治療を継続されてきましたが、症状の改善が認められず、次第に悪化。2008. . .

変形性股関節症(進行期)

保存療法+ 手術を回避 50代 会社員。10代で股関節痛を経験し、育児中のママさんバレーボールで股関節痛を再発。当時の医師からは手術を勧められましたが、ご本人の意思で自己流の. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 40代 会社員。幼少期に先天性股関節脱臼により外科治療を受け、20代を過ぎてから立ち上がり、一歩を踏み出すときなどの動作時に違和感を感じるようになりま. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 主婦。約20年以上ヨガの先生として活躍され、2001年に突然脚が動かせなくなり、整形外科を受診したところ、変形性股関節症との診断を受けました。その. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 小学校教師。幼少期から胡座(あぐら)をかくことは困難であり、股関節の可動域に問題は抱えていましたが、学生時代はバドミントンで国体レベルの活躍を. . .

関節リウマチ

保存療法+ 手術を回避 40代 介護職。30代、他関節の痛みを訴え整形外科を訪ねたところ、リウマチとの診断。その後股関節にも痛みが生じるようになり、40代に入ってからは激痛のた. . .

変形性股関節症(初期)

保存療法+ 手術を回避 50代 英語教師。趣味ではじめた太極拳から股関節痛を発症。股関節専門医師からは、器質的な要因のない変形性股関節症との診断。神奈川県藤沢市で開催された. . .

人工股関節全置換術後

手術後 40代 デスクワーク。20代、バレーボールをきっかけに股関節痛を発症。40代に入ってからは急速に悪化。専門医師からは手術を勧められ、前方侵入により人工股. . .

RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

手術後 40代 デスクワーク。学生時代はテニス、社会人になってからはエアロビクスを趣味で続け、ある日突然、股関節周囲の痛だるさと疲労感を訴え、股関節専門医を. . .

両側RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

手術後 30代 看護師。幼少期から“ぺちゃんこ座り”、床での座り方には癖があり、10代で股関節痛を発症。医師からは、予防目的に両側の骨切り術を勧められ、手術を施. . .

「脚長差に対する対応」変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 40代 パート、立ち仕事。30代で膝の痛みを経験し、出産後から股関節痛を発症。2008年からは、脚の長さの差(脚長差)を感じはじめ、右つま先立ちでの生活から. . .

「しゃがめない、床から立ち上がれない」変形性股関節症(進行期)

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。股関節痛を抱え整形外科を訪ねると、臼蓋形成不全による変形性股関節症との診断。直ぐさま人工股関節の手術が必要と勧められましたが、ご本人の. . .

変形性股関節症(進行期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 主婦。昔から“がに股歩き”を指摘されていましたが、20代ではテニス、スキーを経験。出産直後から立ち上がり動作時に違和感を訴え、徐々に股関節痛を発. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症

保存療法+ 手術を回避 30代 公務員。20代後半、突如原因の股関節痛を発症。医師からは大腿骨頭壊死症との診断。安静とロフストランド杖での生活を指示され、その数年後に再び激痛. . .

「脚長差の改善と骨の強化」RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

保存療法+ 30代 主婦。先天性股関節脱臼により1歳時に骨切りの手術を受け、その後順調に経過していましたが、20代前半になってから15分の歩行も困難に。医師の勧めで2. . .

大腿骨頚部骨折

保存療法+ 手術を回避 30代 塾講師。突如夜も眠れないほどの激痛に見舞われ、近医からは明らかな病変を認めない原因不明の股関節痛との診断。しかし、その後も痛みが残存するため. . .

変形性股関節症(末期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 教員。2006年に変形性股関節症末期との診断を受け、手術の必要性を説明されましたが、ご本人の意思でこれを拒否。2006年からは、ご自分で保存療法を開. . .

変形性股関節症(進行期・末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 医師。元々内股傾向を自覚し、50代からヨガをはじめましたが、徐々に靴下着脱動作に不具合を生じ、月1回のAKA治療を開始。AKAをはじめることで、一時. . .

股関節唇損傷の施術事例

全て見る

医療機関より「股関節唇損傷」と診断された患者様の施術事例です。手術後のケースも含みます。

股関節唇損傷

保存療法+ 手術を回避 40代 会社員。自転車の乗り降りの際にカクカクと股関節に違和感を感じ、その後無理なストレッチにより症状を悪化。寝返り時にも痛みが現れるようになり、痛. . .

股関節唇損傷

保存療法+ 手術を回避 10代 中学生。部活のテニスで股関節痛を発症。当時の専門医師からは股関節唇損傷との診断。「保存療法では治るわけがない。」と担当医師からの宣告を受け、. . .

股関節唇損傷

保存療法+ 手術を回避 70代 無職。2007年に膝を痛め、それ以来「かばうようになった。」影響から股関節痛を発症。専門医師からは、股関節唇損傷との診断。セカンドオピニオンでか. . .

股関節唇損傷

保存療法+ 手術を回避 30代 バレエダンサー。4歳〜バレエをはじめ、30代になってから故障の連続。股関節痛を発症し、鍼灸、各種民間療法を試すも改善が認められず、日常生活動作. . .

股関節唇損傷(疑い)

保存療法+ 手術を回避 30代 理学療法士。歩行時に右股関節痛を感じ、胡座(あぐら)をかくような股関節の外旋運動時に鋭い痛みを訴える。某大学病院専門医師からは、股関節唇損傷の. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。2011年から股関節に違和感を感じはじめ、某大学病院の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと跛. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 看護師。元々股関節の使い方の癖を自覚し、勤務先の行事で突如股関節痛を発症。大学病院の専門医師からは股関節唇損傷との診断。緊急手術の必要性を迫. . .

両側股関節唇損傷再々手術後(腸脛靭帯移植術) 計3回

手術後 30代 会社員。20代、サーフィン中に股関節痛を発症し、医師からは股関節唇損傷との診断。腸脛靭帯を用いた関節唇再建術を施行されましたが、痛みも可動域も. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 30代 会社員。長時間のデスクワークから股関節痛を発症。専門医師からは股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡により関節周囲の骨の出っ張り(bump)を削る. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。学生時代はラグビーを経験し、社会人になり突然、階段昇降時にズキンとした股関節痛を発症。3箇所の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け. . .

「立ったまま靴下が履けない」股関節唇損傷手術後(展開術)

手術後 50代 主婦。ヨガをはじめてから股関節痛を発症し、車の乗り降り、自転車も困難になるまで症状は悪化。専門医師からは股関節唇損傷との診断を受け、切開によ. . .

大腿骨頭壊死症の施術事例

全て見る

医療機関より「大腿骨頭壊死症」と診断された患者様の施術事例です。

「人工股関節全置換術へ向けて」手術前リハビリ

保存療法+ 手術前 60代 建築業。50代で初めて股関節痛を経験し、60代に入って激痛が生じ、お仕事に支障を来すまでに悪化。専門医師からは大腿骨頭壊死との診断を受け、手術日. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症

保存療法+ 手術を回避 30代 公務員。20代後半、突如原因の股関節痛を発症。医師からは大腿骨頭壊死症との診断。安静とロフストランド杖での生活を指示され、その数年後に再び激痛. . .

関節リウマチの施術事例

全て見る

医療機関より「関節リウマチ」と診断された患者様の施術事例です。

関節リウマチ

保存療法+ 手術を回避 40代 介護職。30代、他関節の痛みを訴え整形外科を訪ねたところ、リウマチとの診断。その後股関節にも痛みが生じるようになり、40代に入ってからは激痛のた. . .

腰痛の施術事例

全て見る

医療機関より腰痛関連の病気と診断された患者様の施術事例です。

ヘルニア手術後の股関節痛

手術後 40代 デスクワーク。突然、左腰部の痛みを感じ、専門医を訪ねたところ腰椎ヘルニアとの診断。レーザー治療を施行しましたが、治療後、真っ直ぐ歩くこともで. . .

腰椎ヘルニア

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。ある日突然脚が重く動かしにくくなり、下肢全体に異常感覚を生じ、整形医師からはL5、S1の椎間板ヘルニアとの診断を受けました。手術の必要性を. . .

その他の施術事例

全て見る

その他の股関節関連の痛みでお越し頂いた患者様の施術事例です。

「脚長差に対する対応」変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 40代 パート、立ち仕事。30代で膝の痛みを経験し、出産後から股関節痛を発症。2008年からは、脚の長さの差(脚長差)を感じはじめ、右つま先立ちでの生活から. . .

「出産後の股関節痛」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 30代 会社員、育休中。30代に入ってから膝痛、股関節痛を発症し、某大学病院では臼蓋形成不全との診断。出産後は、育児生活の影響から更に悪化し、痛みの改. . .

「バレエ、新体操の影響」小児の股関節痛

保存療法+ 手術を回避 10代 小学生。小学4年生から新体操とバレエをはじめ、ある日突然開脚時に股関節痛を発症し、整形外科を訪ねたところ、「骨には異常はなく成長痛。」との診. . .

骨折手術後の肩のリハビリ

手術後 60代 教員。雪の日に階段から転倒し左腕を骨折。左上腕骨骨幹部骨折、手術適応との判断のもと観血的手術を施行しましたが、病院リハビリでは半年経っても満. . .

大腿骨頚部骨折

保存療法+ 手術を回避 30代 塾講師。突如夜も眠れないほどの激痛に見舞われ、近医からは明らかな病変を認めない原因不明の股関節痛との診断。しかし、その後も痛みが残存するため. . .
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz