保存療法+
通院中の方へ

股関節痛で通院して治療を受けている方へ

ginzaplusでは、既に股関節の痛みで医療機関に通院され、「臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)」「先天性股関節脱臼」「変形性股関節症」「股関節唇損傷」「大腿骨頭壊死症」「関節リウマチ」「鼠径部痛症候群」等の病名が診断されている方の、改善と手術の回避に向けたサポートを行っています。

病名が診断されてしばらく通院を続けても、多くの場合では改善に向けた本格的なリハビリなどの指導も受ける事もできず、結果的に症状の改善はできずに「進行を遅らせる」結果にとどまり、「将来的には手術になります」と告げられる事も多くあります。

進行を遅らせることは、解決にはなりません。セカンドオピニオンを受けた上で、適切な治療を早めに開始する必要があります。

日本における股関節治療の問題点
股関節の病気について(臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、先天性股関節脱臼、変形性股関節症、股関節唇損傷、大腿骨頭壊死症、関節リウマチなど)

ginzaplusについて

ginzaplusは、理学療法士による「股関節痛のスペシャリスト」。人間が本来持っている「身体」「筋肉」を「正しく」使うことにより、手術に頼ることなく、股関節痛・股関節の病気・手術・手術後の後遺症を克服するための股関節専門リハビリサロンです。
ginzaplusについて

ginzaplusでは、現行の医療制度ではカバーし切れない、専門理学療法士のマンツーマン指導による保存療法を提供しています。
保存療法+について
事例紹介

医療機関での治療でなかなか治らない方、ぜひご相談下さい

中〜長期間にわたって医療機関に通院して治療やリハビリを受けているものの、病気の進行が進んでしまう、または進行が遅くはなるものの「改善されない」場合は、保存療法で改善ができる可能性がありますので、ぜひ一度ginzaplusにご相談下さい。セカンドオピニオンも大歓迎です。
施術メニューと料金
お問い合わせ ご予約はこちら

Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz