ginzaplusとは?
ginzaplusはここが違う

股関節痛に+(プラス)の新しい保存療法を

旧来の病院リハビリではなく、脚上げトレーニングだけでなく、筋肉ほぐしだけではなく、新しい「+」の療法を。現行の医療制度ではカバーし切れない、専門理学療法士のマンツーマン指導による保存療法を提供します。一生を自分の脚で歩けるための身体作りをしっかりと行い、「日常生活動作」をあらたに見つめ直すことで、潜在的な能力と可能性に働きかけ、その人らしさを追求し、安心し満足できる生活を送り届けることを目標を掲げています。

豊富な医療現場経験を持つ股関節の運動療法の専門家

ginzaplusの理学療法士 佐藤正裕は、大学病院勤務時代とその後の股関節専門治療院での臨床経験を通じて年間約300症例に及ぶ方々の股関節の痛みに携わり、勤めてきたそれぞれの環境、医療機関、開業治療院を経て、日本の股関節痛治療を深くかつ幅広く経験したと同時に、多くの制度的な問題点・習慣的な問題点も見てきました。

  • 薬物投与・現状維持・経過観察を経て最終的に手術を勧められる現状・保存療法に対する理解の不足
  • 医療制度の問題・脚上げトレーニングや筋肉ほぐしに留まるリハビリ現場

ginzaplusは、その多くの問題点をカバーし、股関節痛に悩む患者様を一人でも多く救うことをめざして設立され、活動を進めています。旧来の病院リハビリにとらわれず、症状にあわせた適切なリハビリ方法、運動の内容などの指導を行います。

理学療法士プロフィール

国内外の先進の股関節痛の治療方法を積極的に取り入れています

ginzaplusでは、股関節痛の治療の海外のガイドラインや研究報告にも積極的に触れ、大幅に遅れを取っている日本の股関節痛の治療レベルを引き上げ、たくさんの股関節痛に苦しむ患者様を救いたいと願っております。

日本における股関節治療の問題点
海外における理想的な股関節治療

幅広い股関節の施術実績

ginzaplusでは、一般的に知られている股関節痛の病気については、ほぼ全てのケースでの施術の実績があります。臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)・先天性股関節脱臼・変形性股関節症・股関節唇損傷・大腿骨頭壊死症・関節リウマチなどの症状が実際に改善されている実績を、ぜひご覧下さい。
事例紹介

▼「ginzaplusとは?」その他のコンテンツ
ginzaplusについて ginzaplusはここが違う 理学療法士プロフィール お知らせ
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz