股関節の病気
臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)とは

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)とは?

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)とは、骨盤の形態異常のことで、先天的あるいは後天的に、臼蓋側のかぶりが浅く、股関節が不安定な状態であることを指します。 アジア人、とりわけ日本人には多く、日本の股関節痛の患者様の約8割は、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)を有しているといわれます。 変形性股関節症の発症リスク因子とも考えられています。

しかし臨床的には、必ずしも臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)があるからといって変形性股関節症へと進行するのではなく、日本人独自の和を重んじる生活スタイルを基盤に、出産、育児、仕事、家事、介護、スポーツなど、いくつかの股関節へと負担とようなライフイベントが重なることで、変形性股関節症へのリスクが高まると理解すべきです。

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の症状

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)も、幼少期の股関節脱臼の治療経験や親御さんからの指摘がない限り、自覚的にその存在に気が付くことは稀です。 ほとんどの方が、股関節痛を抱え、整形外科でレントゲンを撮って初めてその異常に気付き、驚かされることが多いようです。 特に、小さい頃から姿勢や歩き方の注意を受けてきた方、内股傾向や床での座り方に特徴や癖がある方では、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の存在が強く疑われます。

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の予防

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)も変形性股関節症との関連がささやかれている以上、「予防」が何より肝心です。 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の発生、後天的な要素も大きく、股関節の骨の成長が終了する15歳位までの間での生活環境が、骨の発育に大きく関わる報告されています。 上記に示したような特徴的な姿勢や歩き方が癖にならないよう、幼少期からの家庭教育が極めて重要です。

医療用インソールもご活用ください

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の予防には、日常生活の中でも医療用インソールを活用する事をおすすめします。 医療用インソールは股関節痛特有の前傾姿勢を防ぎ、二次的に生じる足部の過度な運動を抑制するほか、外反母趾や足裏の胼胝(たこ)、魚の目などの足部のトラブルの発生の予防、脚長差(きゃくちょうさ)の補正にもお使い頂けます。
スーパーフィート(SUPERfeet)

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の施術事例(全21件)

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 小学校教師。幼少期から胡座(あぐら)をかくことは困難であり、股関節の可動域に問題は抱えていましたが、学生時代はバドミントンで国体レベルの活躍を. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 会社員。40代、エアロビクス中に股関節痛を発症し、当時かかった整形医師からは骨嚢胞の存在を指摘され手術の宣告。手術への恐怖と不安から一旦手術を. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 講師。自己流ではじめたヨガをきっかけに腰痛、股関節痛を発症し、近所の整形外科医師からは臼蓋形成不全との診断。「今直ぐにではないが、いずれその. . .

臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

保存療法+ 手術を回避 50代 主婦。20代からぎっくり腰を繰り返し、2011年にガクッと右股関節が外れるような違和感を経験。その後、反対側にも痛みが出現し、自己流のリハビリ、体. . .
「臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)」の全21件の事例を見る
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz