FAQ
FAQ

ginzaplusの施術について

1. 股関節の手術を宣告されました。保存療法で今からできることはあるのでしょうか?

ginzaplusでは、手術を宣告された方の「手術前リハビリ」を行っています。これは手術後のスムーズな回復のためのリハビリが実施できるように事前に準備するものですが、実質的には保存療法となります。その結果、症状が改善され、手術を回避している方が大変多くいらっしゃいます。詳しくは 手術前の方へ事例紹介をご覧下さい。

2. 手術を行ったのですが、病院のフォローが不十分で、後遺症に悩まされています。手術後リハビリの指導をしてもらうことはできるのでしょうか?

ginzaplusでは、「手術後リハビリ」を実施しています。後遺症は様々な形であらわれますので、患者様の症状にあわせた施術を行い、後遺症が緩和された方もたくさんいらっしゃいます。詳しくは 手術後の方へ事例紹介をご覧下さい。

3. 股関節に違和感があり、病院へいくべきか迷っています。どうすれば良いでしょうか?

股関節の痛みを抱え整形外科を訪ねると、初診でいきなり手術を宣告されることがあります。手術は最終手段です。医療者側の説明不足から不安や怖さが増し、一気に症状を悪化させることもございます。まずは一度ginzaplusへご相談下さい。その場で症状が改善されないようでしたら、信頼のおける整形外科をご紹介させていただきます。詳しくは 軽症状の方へ事例紹介をご覧下さい。

4. 股関節の病気で病院に通院して治療を受けています。現在はそれほど深刻ではありませんが、「いずれは手術が必要になるでしょう』と言われています。保存療法で手術を回避することはできますか?

病院での治療を受けているにもかかわらず、リハビリの指導も不十分で、症状が改善せず、結果的に手術をせざるを得ない状況になるケースは残念ながら大変多く見られます。ginzaplusの保存療法により、たくさんの患者様が手術を回避されており、中には手術の日程まで決まっている方でも、症状が緩和して手術を回避できた方もいらっしゃいます。詳しくは 通院中の方へ手術前の方へ事例紹介をご覧下さい。

5. 東京以外では施術を受けられないのですか?

ginzaplusでは、国内外での出張施術(保存療法およびセカンドオピニオン)を不定期に開催しております。予定は予約カレンダー および お知らせ にて公開しておりますのでご確認頂くか、お問い合わせ下さい。

6. セカンドオピニオンをお願いしたいのですが、可能でしょうか?

もちろんセカンドオピニオンも大歓迎です。詳しくは セカンドオピニオンをご覧下さい。

7. セカンドオピニオンだけでも受けることは可能でしょうか?

はい、もちろんセカンドオピニオンのみの方でも大歓迎です。詳しくは セカンドオピニオンをご覧下さい。

8. 医療機関でのレントゲン写真は入手できるのですか?

はい、可能です。近年医療機関では、レントゲンのデータをCD-Rで提供が可能になってきてきますので、医療機関にてご確認下さい。理由を聞かれた場合は「自分の経過を記録しておきたいため」と伝えるだけで結構です。

保存療法全般について

9. 保存療法に興味があるのですが、病院の先生に、否定的な意見を言われました。どのように判断すれば良いのでしょうか?

治療方針は、最初にかかった医療機関、担当医師によって大きく左右されます。手術件数の多い病院では当然手術を勧められます。外科療法と保存療法、両者の視点を兼ね備えた医師の診察を受けることをお勧めします。ご希望がございましたら、理解のある専門医師ををご紹介させていただきます。詳しくは日本における股関節治療の問題点 をご覧下さい。

10. 保存療法を受ける事を、病院の先生に伝えた方が良いのでしょうか?

どちらでも構いません。保存療法に好意的な反応を示して下さる医師がいる反面、逆のケースもございます。皆様にとりまして、精神的なストレスを被らない程度に、担当医師との信頼関係のもとに、ご無理のない範囲でお伝え下さい。

11. 理学療法士の施術はどこでも一定のレベルをクリアしているのでしょうか?

国家資格を有してはいても、特に股関節疾患については、どの理学療法士にかかるかによって、受けられる治療技術、情報量にばらつきがあります。変形性股関節症の保存療法も、日本では積極的に実施する医療機関も少なく、臨床経験や知識のない理学療法士も多いようです。実際に股関節唇損傷の手術前・後のリハビリに関しては、北は北海道、南は沖縄まで、全国から指導を受けにお越しになられます。同じ理学療法士であっても、レベルの差は否めません。

12. 保存療法の施術は、痛いのでしょうか?

基本的に痛みを感じるような施術は行いません。しかしながら、患者様のなかには、極度な筋肉の緊張状態を抱え、触診するだけで飛び上がるような痛みを訴える方がいらっしゃいます。海外ではJump Signといわれ、筋肉の病的な状態を指します。ここへも治療が必要ですが、その際、多少の痛みを伴うことがあります。必ず様子を伺いながら施術を行っておりますで、ご安心下さい。

13. 保存療法で逆に症状が悪化をしたり、事故が起きることは無いのでしょうか?

股関節を大きく動かしたり、関節そのものにストレスを加えるようなことは一切行いませんので、事故等の心配はございません。但し、ginzaplusの保存療法は、股関節のみならず全身の身体の使い方を整えることを目的に行っております。そのため、これまで使えていなかった筋肉や関節が働き始めることで、一時的に違和感、筋肉痛のような症状を訴えることもあります。改善過程にある身体の異変にも、早期に対応できますように、初回の治療後は2〜3週を目安にお越し下さるようお勧めしております。

14. レントゲン写真を病院から持ち出す場合、用途はどのように伝えたら良いでしょうか?

数年前までは患者様ご自身でレントゲン写真を保管しておくことは困難でしたが、今では、画像データをCD-Rに焼き、持ち歩くことが可能になりました。手数料など別途かかりますが、担当医師に、「経過を追っておきたい」旨を伝え、できるだけご自身で管理しましょう。

15. 日本の保存療法は、海外の保存療法と比べてどう違うのでしょうか?

海外では、理学療法士による保存療法は「医療システム」の一部として組み込まれており、技術性も高く、国民からの信頼性も得られています。これに対して日本国内では、医療保険制度による大きな「縛り」があり、海外と比べると大きく遅れを取っています。ginzaplusでは、海外での股関節治療のガイドラインや研究報告と実績を積極的に取り入れ、大幅に遅れている日本の股関節治療のレベルを引き上げることを一つの目標としています。詳しくは 日本における股関節治療の問題点 海外における理想的な股関節治療 をご覧下さい。

予約・キャンセルについて

16. 予約は必要でしょうか?

ginzaplusは完全予約制となります。ご予約は 予約ページ より行ってください。

17. 予約をするには会員登録が必要なのでしょうか?

はい、予約の正確性のため、ご予約の際には会員登録をお願いしております。以後のご予約の際の手続きが非常に簡単になるというメリットもございます。ご予約は 予約ページ より行ってください。

18. 電話での予約はできますか?

基本的にはWEBでのご予約のみとさせて頂きますが、事情によりネット環境が使えないなど事情によっては対応させて頂きますので、その場合はお問い合わせください。

19. 予約カレンダーはいつ更新されますか?

予約カレンダーは、当月と翌月の2ヶ月分が表示されます。月がかわると前月の表示が消え、新しい月とその翌月のカレンダーが表示されるようになります。翌々月以降の予約は受け付けておりませんので、先の施術可能日を確認したい場合はお問い合わせ下さい。

20. 予約完了のメールが届きません。

携帯アドレスの場合は、ドメイン指定受信許可、または拒否設定をしている場合があります。ドメイン「@ginzaplus.com」からのメールを受信できるように、設定変更をお願い致します。 なお、送信されたメールの内容は、ご予約時の最後のページでも表示されるほか、会員専用ページ上でいつでも確認することができますので、ログインの上でご確認下さい。

21. キャンセル料はかかりますか?

ご予約当日直前のキャンセルの場合に限り、キャンセル料金を頂戴する事がございます。詳しくは キャンセル・無断キャンセルについて をご覧下さい。

22. キャンセルはいつまでにすれば良いですか?

できるだけ早目のご連絡にご協力下さい。詳しくは キャンセル・無断キャンセルについて をご覧下さい。

会員登録について

23. 会員登録はどうやってするのですか?

会員登録は、初回のご予約の際に同時に行う形となります。「ご予約」ページよりお進みの上で、ご予約と会員登録を行ってください。

24. 会員登録だけはできますか?

会員登録のみを行うことはできません。 ご予約時に同時に会員登録を行う形となります。

25. ID・パスワードを忘れてしまいました。どうすれば良いですか?

登録時のIDとメールアドレスがおわかりで、パスワードを忘れてしまった場合は、会員専用ページのログイン画面の「忘れた場合」リンクよりパスワードの再設定ができます。 IDまたはメールアドレスがわからない場合は、お問い合わせフォームまたは電話にてお問い合わせ下さい。その際、ご本人確認をさせて頂きますので、お名前・住所・電話番号・生年月日・おおよその初回登録日をお知らせ下さい。ご本人確認ができましたら、登録されているメールアドレスまたは電話番号まで連絡をさせて頂きます。

26. 登録した情報を変更したいのですが、どうすれば良いですか?

会員登録後の登録情報の変更は「会員専用ページ」にてご自身で行うことが可能です。何らかの事情によりアクセスが出来ない場合は、ginzaplus側にて対応可能な場合もございますので、お問い合わせ下さい。

27. 退会したいのですが、どうすれば良いですか?

お問い合わせフォームまたは電話にてご連絡下さい。その際、ご本人確認をさせて頂きますので、お名前・住所・電話番号・生年月日・おおよその初回登録日をお知らせ下さい。 なお、会員登録を残したままでも、会費等はかかりませんので、もし将来的にまた相談したい、または施術をする可能性がある場合は、登録したままでも大丈夫です。

施術当日について

28. 服装はどのようなものを用意すれば良いですか?

スカートやジーンズでないようでしたらそのままでも施術は行えます。お着替えする場所もございますので、動き易いジャージやスウェットなどお持ち頂いても結構でございます。

29. 予約時間の何分前にginzaplusに到着すれば良いですか?

ご予約時間の5分前にお越し下さい。少しお早く到着されても、治療室前に椅子をご用意しております。おかけになってお待ち下さい。準備が整いましたらお声かけ致します。

30. 駐車場はありますか?

ginzaplusでは駐車場のご用意はございませんので、近隣の駐車場をご利用下さい。詳しくは「アクセス」をご覧下さい。

31. 自転車・バイク置場はありますか?

ginzaplusでは駐輪場・バイク置場のご用意はございませんので、近隣の駐輪場・バイク置場をご利用下さい。

32. 遠方から東京・銀座へ訪問したいのですが、近くに宿泊施設はありますか?

ginzaplus近隣に宿泊施設がございます。詳しくは「アクセス」をご覧下さい。

お支払いについて

33. 支払いにクレジットカード、デビットカードは使えますか?

お支払いは現金のみとなります。

34. 支払いはいつするのですか?

お支払いは毎回の施術終了時に現金で頂きます。なるべくお釣りの無いようにご用意頂けると、大変助かります。

35. 回数券はありますか?

ginzaplusでご利用頂ける回数券は現時点ではご用意しておりません。

医療用インソール(スーパーフィート/SUPERfeet)の作成について

36. 医療用インソール(スーパーフィート/SUPERfeet)を作成したいのですが、何か準備するものはありますか?

医療用インソール(スーパーフィート)の採型時には素足、膝下まであがるズボンの着用をお願いしております。インソールを合せられる靴もご用意下さい。詳しくは 医療用インソール「スーパーフィート」 (SUPERfeet) をご覧下さい。

37. SUPERfeetはどのようにして作成するのですか?

ご予約の際に予め、医療用インソール希望をコメント欄にお書き添え下さい。インソールの作成には、治療当日に20〜30分程お時間を頂戴し、その日のうちにお持ち帰りいただけます。SUPERfeetについて詳しくは「医療用インソール「スーパーフィート」 (SUPERfeet)」をご覧下さい。

38. 医療用インソール(スーパーフィート/SUPERfeet)を作成のみをお願いすることはできますか?

ginzaplusにて治療を実施されている場合は、もちろん可能です。SUPERfeetは、ginzaplusにおける治療の一環として採用させて頂いており、一般向けの個別の販売は行っておりません。ご了承頂けますようお願い申し上げます。

39. 地方出張でも医療用インソール(スーパーフィート/SUPERfeet)の作成は可能でしょうか?

オーダーメイドの医療用インソールの採型には特殊な機械を用います。出張時には機材の搬入が困難なため、オーダーメイドのインソールは銀座でのみ承っております。既製品のみ出張先でも販売可能です。詳しくは 医療用インソール「スーパーフィート」 (SUPERfeet) をご覧下さい。
次:ご予約
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz