股関節の病気
腰痛と股関節痛

腰痛と間違われやすい股関節痛

「腰痛診療ガイドライン2012」によれば、男性国民の有訴率の第1位,女性の第2位が腰痛を占めます。原因不明とされる非特異的腰痛も、近年、股関節との関わりを示唆する研究報告が散見されるようになりました。これまで腰痛の原因が解決されてこなかった理由を、以下に3つあると考えています。

1. 分業化された診療制度

痛みを抱え訪ねるのは主に整形外科です。 整形外科では、痛みを訴える部位に応じた診療科が設けられます。 膝の痛みであれば膝専門、股関節痛であれば股関節専門といったように、腰痛の場合、脊椎・腰痛専門がその窓口として用意されています。
しかし、分かり易く分業化されたことは、返って、治るはずの腰痛も治らない結果を招いています。 腰の治療を続けたが改善されず、偶然かかった股関節専門外来で、股関節の異常を指摘されることはよくある事です。

2. 自覚症状の不確実さ

痛みの場所を正確に指摘することは、痛みを抱える患者様であっても困難です。 ginzaplusにお越しいただく患者様の中にも、腰痛を訴えていても、実際に痛む箇所を指し示していただくと、腰ではなくお尻や股関節に痛みを訴える場合が多くあります。 これらの多くは、股関節由来の腰痛であり、股関節疾患を疑わせると伴に、特別な薬物療法はもちろん手術等を施さなくても、症状の改善が期待できる痛みです。

3. 股関節との関連性

変形性股関節症の患者様の半数以上は腰痛を抱えています。 医学的にはHip Spine Syndromeという言葉があるように、変形性股関節症の患者様が腰部疾患を合併することは珍しいことではありません。 つまり、股関節と腰には密接な関係があり、股関節の運動機能を改善させることで、股関節痛のみならず腰痛も解消されることが頻繁に起こります。 整形外科で腰椎すべり症や脊柱管狭窄症、またはヘルニアなどの診断が下れば、まずは、股関節の動き、筋力などにも注目してみましょう。

腰痛の施術事例(全2件)

ヘルニア手術後の股関節痛

手術後 40代 デスクワーク。突然、左腰部の痛みを感じ、専門医を訪ねたところ腰椎ヘルニアとの診断。レーザー治療を施行しましたが、治療後、真っ直ぐ歩くこともで. . .

腰椎ヘルニア

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。ある日突然脚が重く動かしにくくなり、下肢全体に異常感覚を生じ、整形医師からはL5、S1の椎間板ヘルニアとの診断を受けました。手術の必要性を. . .
「腰痛」の全2件の事例を見る
次:FAQ
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz