施術メニューと費用
保存療法+ (股関節痛セラピー)

保存療法+ (股関節セラピー)

股関節周りの違和感から、股関節の病気(臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)・先天性股関節脱臼・変形性股関節症・股関節唇損傷・大腿骨頭壊死症・関節リウマチなど)の改善と手術前・手術後のリハビリまで、股関節周りのあらゆる症状の改善を行うための、ginzaplusの基本プランです。

当プランでは、病気の種類や患者様の具体的な症状にあわせた施術を行い、痛みを改善して参ります。 股関節周りの強固な筋肉のコリをほぐし、可動範囲を広げ、痛みを軽減し、 股関節にとって安全な日常生活動作(立ち・座り姿勢、歩き方、立ち上がり方など)、 股関節のみならず全身の正しい使い方を日常動作の中からご指導致します。 股関節関連の痛みを改善して再発を防ぐためには、このような普段の日常動作の見直しが不可欠となります。

筋力がない方や運動習慣の少ない方でも、無理なく痛みの改善、筋力強化が期待できます。 患者様の生活・仕事環境に即した運動プログラムを作成しますので、プログラムに沿って実践していただきながら、ginzaplusにて定期的にチェックを行い、随時アドバイスをさせていただきます。

NEW 施術料金(2017年6月1日より)

施術場所初回継続(2回目以降)
銀座25,000円 (税込)15,000円 (税込)
出張25,000円 (税込)21,000円 (税込)
2017年6月1日の施術からの適用となります。

施術にあたって

レントゲン写真や診断書をお持ちの方はぜひご持参下さい。お一人おひとりの痛みのレベル、股関節の状態に合わせた施術を実施していきます。
近年医療機関では、レントゲンのデータをCD-Rで提供が可能になってきてきますので、医療機関にてご確認下さい。理由を聞かれた場合は「自分の経過を記録しておきたいため」と伝えるだけで結構です。

施術間隔について

施術間隔は、痛みの状況にもよりますが、初回後は2〜3週間後が理想です。 その後は痛みと運動機能に合わせて1か月、2カ月と徐々に施術期間を空けながら、最終的には「卒業」、ご自身で痛みをコントロールできるスキルを身につけていただくことを目指しています。 また症状が軽快し安定した場合でも、年に1回は理学療法士によるチェックを受けて頂く事をお勧めします。

対象となる症状

  • 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、変形性股関節症との診断を受けた方
  • 股関節唇損傷(疑い)との診断を受けた方、関節鏡視下手術後の方
  • 先天性股関節脱臼、大腿骨頭壊死の既往がある方
  • 人工股関節、自骨(RAO、外・内反骨切りなど)の手術経験のある方
  • アスリート、ダンサー、各種インストラクターの方
  • どこへ行っても治らない腰痛
施術日およびご予約はこちら
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz