股関節の病気
鼠径部痛症候群

鼠径部痛症候群とは

アスリートに生じる大腿部付け根周辺の痛みを、スポーツ整形領域では特に、鼠径部痛症候群 (グロインペイン症候群 Groin Pain Syndrome) と総称し診断されることがあります。 そのきっかけは、瞬発的なダッシュや切り替え動作、蹴り上げの連続や反復される着地動作などです。 世界的にも有名な多くのサッカー選手が苦しめられてきたように、鼠径部痛症候群はスポーツ領域において決して珍しい症状ではありません。 サッカー以外では軸足を作るようなテニスやバドミントン、ジャンプが繰り返されるバレーボールやバスケットボール、コンタクトスポーツではラグビーやアメリカンフットボールなど、他に、必要以上の動きを要求されるようなバレエや新体操でも同様の症状が認められます。

治療法

鼠径部痛症候群は、かつては鼠径ヘルニアがその原因として考えられ、多くの手術が行われてきました。 しかし現在では、筋損傷や腱鞘炎、あるいは疲労骨折や股関節唇損傷などが鼠径部痛症候群の原因と捉えられ、約8〜9割は保存療法で治癒されます。

保存療法

まず優先されるべきは、痛み治療です。 痛みの誘発因子となる、日常生活場面における股関節の動かし方や姿勢、あるいは競技特有の運動パターンなどを理解し、運動に直接関わる筋肉の状態を改善させることが先決です。

鼠径部痛症候群と診断されるアスリートの多くは、股関節周囲筋の柔軟性の欠如と筋力低下が認められます。 そのため、硬くこわばった筋肉には、徒手的に介入することで適度な柔軟性を回復させ、また、上手く使えていない筋肉に対しては、収縮形態から身体へ覚え込ませ、基本動作から協調的な正しい身体の使い方を学習していくことが必要です。

鼠径部痛症候群との診断を受けても、ご自身の判断で過酷な筋力トレーニングに励んだり、運動を止め、安静にするのではなく、専門家による客観的な評価のもと、「鍛える」から「使える」発想へと思考を切り替えていくことも、早期解決、再発予防を目指す上で大切です。

Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz