股関節の病気
先天性股関節脱臼とは

先天性股関節脱臼とは

先天的に股関節の不適合な状態を指します。 出産直後から完全に脱臼している場合もありますが、大部分は、生まれた時には不安定な関節が、徐々に脱臼へと移行することが多いとされいます。 最近の研究からは「胎内中」に限らず、「出産後の乳児期」あるいは「幼少期」でも脱臼が起こる可能性が高いこと、従来の「先天性」という言葉を改め“発育性”股関節形成不全という用語が新たに用いられています。

先天性股関節脱臼の原因

その原因には諸説唱えられていますが、遺伝的要因、子宮内での胎児の異常肢位、妊娠末期での関節弛緩を促すホルモンの影響など、いまだ明確な回答は得られていません。 但し日本におけるその発生率が11月から2月、寒い時期に集中していることから、出産後に厚着をさせ、股関節の自由な運動を妨げることが、脱臼の発生に大きく影響をもたらしているようです。 現在ではおむつの替え方、抱っこの仕方など、脱臼予防のための指導が広く行き届くようになったお陰で、昔に比べ脱臼率も低く抑えられています。

先天性股関節脱臼のリスク

幼少期における装具や手術経験、あるいはマッサージ通院の記憶があれば、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の存在が疑われます。 早ければ10〜20代、部活や立ち仕事、あるいは出産前後における股関節への過剰な負担が引き金となり、突如股関節痛を発症させることがあります。 小学校のときから体育は見学、遠足では脚が疲れ易い、跳び箱やマットは苦手、あぐらがしづらい、などの症状があれば、将来的には変形性股関節症予備軍とも捉えられるかも知れません。 変形性股関節症も防げる病です。 心当たりがあれば、手術を指摘される前に、できるだけ早めに適切な日常生活指導を受けておきましょう。

医療用インソールもご活用ください

先天性股関節脱臼の予防には、日常生活の中でも医療用インソールを活用する事をおすすめします。 医療用インソールは股関節痛特有の前傾姿勢を防ぎ、二次的に生じる足部の過度な運動を抑制するほか、外反母趾や足裏の胼胝(たこ)、魚の目などの足部のトラブルの発生の予防、脚長差(きゃくちょうさ)の補正にもお使い頂けます。
スーパーフィート(SUPERfeet)

先天性股関節脱臼の施術事例(全8件)

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 主婦。幼少期に先天性股関節脱臼の診断と治療を受け、20代出産を機に、坂道を転げ落ちるように急速に悪化。各種運動療法を試みましたが、改善が認めら. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 60代 パート事務。一歳児、なかなか歩かず、専門医師からギプス治療を受けていましたが、出産後から脚を引きづるような歩き方になり、日常動作にも不具合を. . .

変形性股関節症(末期)

保存療法+ 手術を回避 50代 パート事務。先天性股関節脱臼の既往はありましたが、30代まで多少痛む程度で過ごされ、40代、雪道を歩いてから症状が悪化。2008年から痛みが強くなり. . .

股関節唇損傷手術後(縫合術)

手術後 40代 会社員。2011年から股関節に違和感を感じはじめ、某大学病院の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと跛. . .
「先天性股関節脱臼」の全8件の事例を見る
Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz