ginzaplusとは?
理学療法士プロフィール

ごあいさつ

はじめまして、理学療法士の佐藤正裕です。

ginzaplusでは、股関節痛に悩む方を一人でも多く救うため、従来の医療現場ではカバーし切れない「保存療法」の実践に努めています。海外の保存療法の最新情報も取り入れながら、皆様それぞれの生活環境、仕事形態、趣味活動に合わせた独自のケアプランを提供しております。

私は、大学病院時代とその後の股関節専門治療院での臨床経験を通じて年間約200〜300症例に及ぶ股関節の痛みに携わってきましたが、それぞれの環境、医療機関、開業治療院を経て、多くの課題に気が付きました。それは日本の医療保険制度によって大きな縛りがあり、海外では既に治療法として確立される「保存療法」が、患者様にとっては「存在しないもの」として医療機関から紹介されることが少なく、医師の指示を忠実に守ってきた患者様たちが、最終的は「手術」に辿り着いてしまうということです。

しかし、多くの場合は、手術に頼らなくても股関節痛の改善が可能です。ginzaplusにお越し頂き、痛みから解放され、担当医からも手術の必要性さえ否定されれば、これまで通りに好きな仕事をして趣味活動にも励めます。元気な日常を取り戻した方が数多くいらっしゃることに、何よりの喜びを感じております。

世の中ますます便利になり、より足腰を使わなくなってきています。さらに高齢化が進み、股関節への負担も避けられません。近年では、年齢に関係なく、若い方でも股関節痛に悩まされています。家族や知り合いに股関節症患者がいることは今や珍しくなく、日本人にとっても身近な病気となりつつあります。この状況は今後より深刻化することは容易に想像ができます。

ginzaplusでは、股関節痛に悩む方を一人でも多く救うことを使命として、保存療法をもっと身近に感じ、日本の股関節痛の治療が早く世界レベルに達するように、国内外での活動を続けています。

ぜひ一度、ginzaplusへお越し下さい。セカンドオピニオンでも大歓迎です。きっと、皆様にとって有益な情報と効果、何か得るものが必ずあると確信しております。

ginzaplus代表 佐藤正裕

学歴

1998年 玉川大学文学部外国語学科卒業
1999年 Grant Mac Ewan Community College (カナダアルバーター州立大学)修了
2005年 秋田大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業(現国立大学法人秋田大学医学部保健学科)

資格

2005年 理学療法士免許取得、TOEIC905点、日本語教師

所属学会

  • 日本股関節学会
  • 国際変形性関節症学会 Osteoarthritis Research Society International (OARSI)
  • 国際筋痛症学会 International Myopain Society(IMS)
  • Bone, Muscle & Joint Diseases (BMJD)
 

職歴

2005年 順天堂大学医学部付属順天堂医院リハビリテーション室入職
2008年 股関節専門整体院において除痛方法の基礎を学ぶ
2009年 フランチャイズ(FC)1号店として「LE SALON GINZA plus」を東京・銀座に開業
2010年 その後FC経営の限界を知り「股関節セラピーginzaplus」を新たに設立

その他

2011年〜 股関節セミナー(講演)を定期的に開催
2012年  前田敦子主演「最高の人生の終わり方〜エンディングプランナー〜」演技指導
2012年  健康雑誌「壮快」記事掲載
2013年〜 講演・実践セミナー (朝日カルチャーセンター新宿・藤沢・名古屋・大阪・福岡・札幌) 2013年2回、2014年24回開催。

趣味

トライアスロン(TeamMTT所属)、旅行
次:お知らせ
▼「ginzaplusとは?」その他のコンテンツ
ginzaplusについて ginzaplusはここが違う 理学療法士プロフィール お知らせ
Copyright © 2004-2018 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz