•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 50代 変形性股関節症 手術前リハビリ
ブログ

[施術事例] 50代 変形性股関節症 手術前リハビリ

[施術事例] 50代 変形性股関節症 手術前リハビリ

保存施術+ 手術前
変形性股関節症も初期の場合、全く手術の必要はないと思われますが、進行期や末期にまで差し掛かると、(症状によっては)手術も治療選択の一つと考えてもよいのでしょう。

ご相談いただいたのは、50代女性、専門医師により変形性股関節症末期と診断された方です。20代から股関節痛を経験し、介護をきっかけに急速に悪化。脚長差が生じるまでに骨も変形し、ご本人も手術を検討し「手術前リハビリ」を希望されご相談にみえました。

月に1回の頻度で施術を受け、約1年半での成果です。
本来なら手術前リハビリが前提でしたので、すぐにでも専門機関をご紹介すべきでしたが、回を重ねる毎に筋力、バランス機能も改善されたため、現在は保留状態です。
ここまで回復すれば、もう手術は必要ないのでは?とも思われますが、ご本人はどうしても骨の変形による脚長差を受け入れられません。

人工股関節手術後の脚長差の影響は、手術後の満足度を左右する上でも重要項目でもあります。医療機関や医師によってもその辺りの考え方は様々であり、ご本人と相談しながら、希望にあった治療へと巡りあえるよう今後もサポートさせていただきます。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz