ブログ

臼蓋形成不全 短期効果

臼蓋形成不全 短期効果

オリンピック開催の準備から銀座駅構内が非常に綺麗に使い易くなりましたね。今日のような雨でも「A12」の出口を出ましたら、ginzaplusまではわずか100メートルです。ほとんど濡れずにお越しいただけます。銀座駅周辺はタイル張りの店舗も多いですから、皆さん、くれぐれもお足元にはお気をつけお越し下さい。

さて、「短期効果」に関して。

臼蓋形成不全も、保存療法では骨の形そのものは治すことはできなくても、痛みや違和感は解消させることができます。ちょうど4年前、本の出版のお話をいただいた際には、書籍の中で「どこまで話を進めるべきか」、とても悩みました。そんな中で、全国からご相談にみえる皆さんとの施術を通じて、私が感じた最も効果が高い手法について書かせていただきました。変形性関節症の国際学会のデータを基に、結局は、皆さんの症状に対する「理解」と運動の「実践」が非常に重要だということが良く分かります。臼蓋形成不全や変形性股関節症との診断でも、この導入のポイントさえ間違えなければ、おそらくほとんどのケースで効果を実感いただけるでしょう。
こちらの方も、大阪での施術のお申し込みがございましたが、だいぶ症状が改善されたようですね。痛みも長期にも渡ると、運動への拒否反応を示しようになります。痛いからやらない、そうした思考に陥る前こそが勝負ですね。書籍の中では、痛みの取り除き方についてもご説明させていただきましたが、レベルに合わせ、順序良く進めていくことが大切です。

決して保存療法だけが症状を改善させる全てではありませんが、タイミングを逃さずこのルールに従えば、ほとんどのケースで余計な検査や手術など無用になるはずです。もっと多くの方にご自身の可能性について知っていただきたい、と思っております。
ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz