•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師
ブログ

[施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師

[施術事例] 50代 変形性股関節症 看護師

保存施術+ 手術を回避
変形性股関節症の進行期や末期との診断であっても、前向きに取り組む姿勢さえあれば、手術せずに痛みの解消も期待できます。ただ、何もせずにその場をしのいでも、やがて、関節が硬くなり筋力低下が起こりがちです。少しでも努力し改善させたい、その気持ちさえあれば、まだ改善の可能性は残されているでしょう。

今回ご相談いただいたのは50代の女性です。専門医からは変形性股関節症、手術を宣告されています。

10代から股関節に違和感を訴え、出産を機に股関節痛を発症。どうしても手術はしたくはないとの思いでお越しいただきました。

遠方であったため4ヶ月に1回の頻度で、約1年後の成果です。
(レントゲン写真)ご覧のようにおそらくどの医療機関にかかっても、痛みを訴えれば真っ先に手術を宣告されるうような状態です。それでも仕事環境にも恵まれ、ちょうど良い負荷量の中で、仕事、体操、歩きを続けられたことで痛みは軽減されはじめています。

脚長差があってもここまで上手に対応できれば、もう安心ですね。1年後の歩きの変化には、ご家族も喜んで下さっっているとご報告をいただきました。

医療機関では手術と扱われてしまうような進行期や末期であっても、ご本人の少しでも良くしたいとの意欲さえあれば、回復も期待できます。職場環境、家族の協力などを得ながら、できることからひとつずつ取り組んでまいりましょう。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz