•  > 
  •  > 
  • 研究論文 手術へ移行する割合
ブログ

研究論文 手術へ移行する割合

新しい記事 検索  一覧 | 最新 | 記事1/0古い記事

研究論文 手術へ移行する割合

更新 2019年07月06日(土)
カテゴリ 股関節の保存施術
ハッシュタグ #学会  #研究論文 
今日は、研究論文のご紹介です。

皆さんの中には「変形性股関節症」を診断されると、遅かれ早かれ手術は避けられないとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

実際にはそうではないようですよ。私が勉強させていただいているOARSI変形性関節症国際学会から最新の研究発表がありました。
約1万5千人、変形性股関節症を診断された方たちを集め、追跡調査を行なったところ、実際に手術へと移行したのはおおよそ1200人。

つまり約14% ※この数字はginzaplus独自に集計した割合とほぼ一致

この理由は、まさにサポート体制の違いでしょう。海外では日本と違い、変形性関節症と診断を受けた方に対する情報提供が充実しています。この論文の結びには、

"hip replacements are not inevitable after an osteoarthritis diagnosis"

変形性股関節症と診断されても人工関節は必ずしも必要でない、と。力強いメッセージが込められていますね。世界の権威ある学会からの報告ですから、皆さん自信を持って日々のケアに努めましょう。
ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



更新 2019年07月06日(土)
カテゴリ 股関節の保存施術
ハッシュタグ #学会  #研究論文 
新しい記事 検索  一覧 | 最新 | 記事1/0古い記事

フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz