•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 股関節唇損傷疑い
ブログ

[施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 股関節唇損傷疑い

[施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 股関節唇損傷疑い

保存施術+ 手術後
日本人における変形性股関節症の発症の多くは、幼少期における姿勢や歩き方と密接に関わりがあると考えています。大人になってからでは対応が難しいこともありますので、親御さんからみて姿勢や歩き方に問題を感じれば、早めに確認しておきましょう。

ご相談いただいのは中学生です。都内の大学病院で臼蓋形成不全と股関節唇損傷(疑い)を診断され、手術日が決まっています。

きっかけとなったのは、バスケットボールの練習中です。転倒後に歩けなくなるまでの激痛を感じ、何件か整形外科へも行きましたが、改善が認められません。手術の決断をしましたが、まだメスを入れさせたくないのがご両親の本音です。最後の望みをかけお越しいただきました。

2回の施術を行い、2週間後の様子です。
ご覧のように、左脚だけ極端に内股そしてX脚。大人になってから変形性股関節症を予期させる歩きパターンです。2回の施術で脚はまっすぐになり、痛みも消失しています。

運動をされるお子さんにとっては、パフォーマンスももちろんですが、怪我も避けたいものです。同時に、将来への関節症の予防にも努めていただきたいですね。怪我や年齢とともに訪れる関節痛の多くは、こうした姿勢や歩き方が根本的な原因であると考えています。

立ったときに膝同士がくっつかない、膝下だけがたわんでしまう、などの特徴が見受けられれば、心も身体も柔軟なこの時期にしっかりよくしておきたいところです。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz