•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 内股歩き
ブログ

[施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 内股歩き

[施術事例] 中学生 臼蓋形成不全 内股歩き

保存施術+ 手術後

家庭内の指導で解決

日本人における変形性股関節症の発症の多くは、幼少期における姿勢や歩き方と密接に関わりがあると考えています。大人になってからでは対応が難しいこともあります。幼少期からのご家庭での指導が大切です。

ご相談いただいのは中学生です。都内の大学病院で手術の予定でしたが、その前にご相談にお越しいただきました。

医療機関で診断された病名

臼蓋形成不全、股関節唇損傷疑い

解説

ご相談内容です。「約二年弱前、バスケットをしている最中に転倒して股関節に水が溜まり歩行不能に。そのあと、整形外科でリハビリを続けるが可動域や鈍い痛みに改善がみられません。最近、股関節の専門の先生に診てもらうと手術が必要とのこと。年齢もまだ若くなんとか今の状況から改善させたいと思います。日常における運動や姿勢歩きなど、実践しやすい方法を教えて下さい。また痛んだときはどうすべきか、なども教えてください。」

理学療法士コメント

幼少期の姿勢や歩き方の影響は将来的な股関節症の発症を予期させます。ご家庭での床での座り方や日常動作に異常を感じれば、早めに対応しておくことが予防に繋がります。特にスポーツをされている場合、脚のラインにも注意しておきましょう。真っ直ぐでなかったり、膝同士がくっつかなかったり、膝下だけがたわんでしまうようであれば、股関節が本来の場所におさまっていない証拠です。幼少期の姿勢は大人まで影響します。心も身体も柔軟なこの時期にしっかりよくしておきましょう。

痛み

「座っているだけで痛む」

施術期間

約2週間、2回

施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz