•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 80代 変形性股関節症 末期
ブログ

[施術事例] 80代 変形性股関節症 末期

[施術事例] 80代 変形性股関節症 末期

保存施術+ 手術を回避
「変形性関節症とは、関節への負担が原因で起こる関節疾患(しっかん) で、軟骨(なんこつ)の破壊及び軟骨と骨の変形を来たし、 慢性(まんせい)の関節炎を伴います」

参照:人工関節ドットコムhttps://www.jinko-kansetsu.com/pain/hip/oa.html

変形性関節症の国際学会(OARSI)でも同じように説明されますが、唯一異なる点は「痛み」と「関節炎」の原因とを分けて考えているところです。治療選択を行う上でも、この点を踏まえた決断が必要です。

さて、ご相談いただいたのは、80代後半の女性です。
股関節痛を抱え医療機関では変形性股関節症末期、手術を勧められていますが、心臓の持病もあり、できれば手術をしたくはありません。趣味は、お料理です。長時間の立ち仕事や台所での細かな作業が股関節への負担になったのでしょう。確かに、レントゲン上は軟骨もすり減り、骨はすでに変形してしまっています。ただ、こうした症状も本当に手術が必要なのでしょうか。

ginzaplusオリジナルのプログラムを実践していただき約2年、17回の施術を経ての成果です。
当初、チョコチョコ左に傾いた歩き姿勢も、終盤には真っ直ぐに歩けるように改善されています。元々、銀座のデパートにお勤めで、ハイヒールは常日頃から着用し今でも外出には欠かせません。それでもリハビリ期間中はスニーカーを着用され、2本杖で歩く練習も行い、おしりエクボ体操で左右差を矯正しながら、2年かかりましたが、今では痛みもだいぶ和らいでいます。

コロナ期間中も毎回休まずに施術にお越しいただき、先月には家族旅行も達成し、精神的にも安定していらっしゃいます。もちろん、手術で迷うことももうありません。
変形性股関節症と聞くと、どうしても冒頭で述べたように関節炎が次第に広がり手術は避けられない、ようなイメージを持たれることも多いようですが、必ずしも進行=手術ではないようです。以前のブログでもご紹介しましたように、関節内の炎症も回復過程の一部と捉えられることができれば、可能性は広がりますね。

まずは、変形性股関節症という病気のことを正しく理解し、ご自身の痛みの性質に合わせたアプローチを実践してまいりましょう。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz