•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 50代 大腿骨頸部骨折後の大腿骨頭壊死症
ブログ

[施術事例] 50代 大腿骨頸部骨折後の大腿骨頭壊死症

[施術事例] 50代 大腿骨頸部骨折後の大腿骨頭壊死症

保存施術+ 手術後
連休中も遠方よりお越しいただきありがとうございました。とにかく、股関節の痛みも早めが肝心です。自分で治す方法をマスターして、どこへでも歩ける脚を獲得しましょう。

さて、ご相談いただいたのは50代の女性、大腿骨の頸部骨折後の患者さまです。ご自宅で転倒後、大腿骨の骨折が判明し、地元の医療機関でピンで止める手術を行いましたが、その後大腿骨頭壊死を発症。人工股関節による手術を勧められ、ginzaplusへご相談にみえました。

1回目の施術は出張時の大阪で。2回目は銀座へお越しいただき、3回目はご自宅のスポーツジムで歩きの様子を撮っていただきました。遠方にお住まいの方へは、出張施術を活用しながら、オンライン施術「テレカウンセリング」 https://ginzaplus.com/jp/menu/remote/ も併用しつつ、随時問題点などについてアドバイスをさせていただいております。
まだ多少の動きの癖は残りますが、だいぶ痛みも改善され、スムーズな足運びへと変化されています。とりあえず、山場は乗り越えましたね。あとは、ここから半年から1年のスパンで、身体の使い方の弱さを克服しつつ、定期的に画像で壊死の程度もチェックしながら、リハビリの強度も調整していく予定です。

あくまでも私の経験ですが、ここまで歩きも安定すれば、まず、大腿骨頭壊死との診断でも手術せずに済みます。これ以上の壊死の進行や骨の変形も免れます。問題なのは、初回時のような跛行が続いたり、痛みがあるにも関わらず無理に動いたり、逆に、怖がって動かさなくなったりしていると、徐々に骨も筋肉も弱くなり、身体の回復機能はストップし、それ以上の改善が難しくなることがあります。

骨の変形があったとしても、形を整えるように、股関節の動きの理念に沿った正しい体重の乗せ方を繰り返し学習させていくことで、股関節痛もご自身の力で回復させることができます。画像上に何らかの問題があったとしても、早めに適切なケアを続ければ、必ず、身体は良い方向へと動き出します。適切なケア、これができるかどうかで、股関節の運命も左右されることになるでしょう。

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz