•  > 
  •  > 
  • [施術事例] 40代 臼蓋形成不全
ブログ

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全

[施術事例] 40代 臼蓋形成不全

保存施術+ 手術を回避
今朝も動画で確認してまいりましょう。日本では、臼蓋形成不全=変形性股関節症のような見方もありますが、必ずしも、世界ではそういった考え方ばかりではないようです。股関節唇損傷も同様に、それぞれの専門性や立場によって、治療の方法や進め方についても意見が分かれるようです。

さて今回ご相談いただいたのは、40代の女性です。出産後に股関節痛を発症し、臼蓋形成不全と診断されました。その後も痛みは無くならず、かかった先の大学病院専門外来では、股関節唇損傷を診断され、ショックのあまり出歩く機会が減少し、杖を使った生活を余儀なくされていました。

「関節唇が破れちゃう」

運動療法の合間に度々聞こえてくる、ご本人の叫びです。おそらく、いくつか医療機関を受診している間に股関節痛の原因を誤って理解されているようにも思われました。そのため、身体で起こっている現症を経過と併せ一からひとつずつご説明差し上げ、ginzaplusでのプログラムを約3ヶ月間取り組んでいただいた成果です。
当初のトボトボ歩く様子は、別人のように変化されていますね。痛みもあり、怖さがあり、将来への不安もあったのでしょう。ただ、安静にしていても、なかなかこうした痛みは引いてはくれません。ご自身のペースで、できる範囲で結構ですので、動かしていかないと、やがて、筋力は衰え骨も脆くなり、いわゆる「進行性」「将来的な手術」の一途を辿ることになります。目指すべきは、逆ですね。ストレスのない範囲で、再び身体のスイッチをONにしていきましょう。

皆さんそれぞれに回復できる能力はお持ちのはずです。しかし、どこかで自らが仕掛けていかないと、なかなか身体は言うことを聞いてくれなくなります。できるだけスムーズに、そして短期にこれまでの生活へ戻しましょう。そのためには、皆さんにもちょっとだけ勇気を振り絞って、動いていただきたいですね。

動くと楽!
身体って変わるんだ!

そうした感覚の積み重ねで、痛みの原因をご自身で理解できるようになり、身体が改善されていく様子を実感いただけるでしょう。
ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)



フリーワード

カテゴリ ?

●カテゴリは1つ選択できます。

ハッシュタグ ?

●ハッシュタグは複数選択で絞り込みができます。

ハッシュタグ(病名)

ハッシュタグ(施術事例)

ハッシュタグ(その他)

最新記事






Copyright © 2004-2022 ginzaplus | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 利用規約 | 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz