事例紹介
大腿骨頭壊死症の施術事例

保存療法+ 手術前 「人工股関節全置換術へ向けて」手術前リハビリ

(60代 建築業)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   大腿骨頭壊死症

解説   50代で初めて股関節痛を経験し、60代に入って激痛が生じ、お仕事に支障を来すまでに悪化。専門医師からは大腿骨頭壊死との診断を受け、手術日も決まり、手術前リハビリを希望されginzaplusまでお越し頂きました。初回の施術後には、関節周囲の痛みは緩和され、立ち上がり動作、歩容も改善されました。1週間後の手術を控え、十分な状態で手術に臨むことができます。

理学療法士コメント   こちらの患者様は最終的には手術を決断されましたが、手術を宣告された方でも、手術前リハビリをお試しになる事で、手術を回避された方が大勢いらっしゃっています。手術前は、できるだけ股関節の可動域を広げ、筋力を維持し、適切な荷重方法をマスターされた上で臨むと、その後の回復もスムーズです。また、手術前リハビリも、1回の施術で大幅な改善が認められるようであれば、直ぐには手術を考える必要はないかも知れません。医師から手術を勧められても、手術の是非に関わらず、まずは手術前リハビリをお受けになる事をお勧めします。

痛み   「日常動作、全て。」

ginzaplusへの期待   「手術後のリハビリが心配。」

施術期間   1回。

保存療法+ 手術を回避 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症

(30代 公務員)
▲2007年10月 保存療法実施前。靄がかかったように不明瞭な状態であり、臼蓋と骨頭の表面がギザギザし変形が認められます。
▲2009年8月 保存療法実施後。変形した骨頭は修復され、軟骨の隙間もはっきり確認できます。

医療機関で診断された病名   変形性股関節症、大腿骨頭壊死症

解説   20代後半、突如原因の股関節痛を発症。医師からは大腿骨頭壊死症との診断。安静とロフストランド杖での生活を指示され、その数年後に再び激痛に見舞われ、入院治療を余儀なくされます。徐々に痛みは軽減され、同時にginzaplusへもご相談にお越し頂き、積極的に保存療法を開始することで、再びテニスができるまでに回復しています。画像所見上も、軟骨の隙間がはっきり確認されるまでに綺麗に修復されています。

理学療法士コメント   関節内での炎症が強い時には、レントゲンを撮ると、靄がかかったように大腿骨の骨頭と骨盤側の境目が不明瞭に映る事があります。しかし、こうした状態も長く続く事は少なく、保存療法の経過と伴に、徐々に改善されてくる事が多くあります。保存療法では、痛みの種類を見極めるのと同時に、関節内の炎症が落ち着いてきたタイミングを見計らい、積極的に骨や筋肉へも適度な刺激を促していく事が大切です。

痛み   「あぐらをかくような動作。」

ginzaplusへの期待   「股関節周辺の筋肉の痛みをとって欲しい。可動域を改善させたい。」

施術期間   約1年、計10回。

Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz