•  > 
  •  > 
  • 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の施術事例
事例紹介
臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の施術事例

保存療法+ 手術を回避 変形性股関節症(末期)

(50代 小学校教師)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   変形性股関節症(末期)、臼蓋形成不全

解説   幼少期から胡座(あぐら)をかくことは困難であり、股関節の可動域に問題は抱えていましたが、学生時代はバドミントンで国体レベルの活躍をされていました。出産後から仰向けで寝るの事が辛くなり、40代に入ってから股関節の激痛に見舞われ、相談に訪ねた大学病院の専門医師からは変形性股関節症末期との診断が下されました。手術を勧められましたが、ご自身の判断で保存療法を開始し、一時的な改善はみられたものの再発。痛みの解消と運動機能の回復を目的に、大阪出張時にご相談にお越し頂きました。保存療法を本格的に開始してからは、痛みの出現頻度は減り、レントゲン上も明らかな改善が認められ、担当医師からも手術を勧められる事がなくなりました。現在は、精神的にも安定を取り戻し、再び、畑仕事や趣味活動に専念できるまでに回復していらっしゃいます。

理学療法士コメント   幼少期から胡座をかけない、脚が開きづらいなどの、股関節の外旋(がいせん)運動に問題があれば、40代以降、股関節痛予備軍とも捉えられるかも知れません。変形性股関節症との診断を受ける方の多くが、外旋運動が苦手であり、お座敷や床での脚のやり場に困るような兆候があれば、股関節痛のみならず腰痛の危険因子でもあります。保存療法においても、(多くの場合)できるだけ股関節の外旋運動を引き出し確保する事が、その後の再発予防、筋力強化を期待する上でも大切です。

痛み   「歩き出し、付け根がズキっとする。右お尻からふくらはぎ外側がズキズキと痛む。長く同じ姿勢でいられない。」

ginzaplusへの期待   「痛みの軽減と手術の回避。」

施術期間   約2年、計12回。

保存療法+ 手術を回避 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 会社員)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   40代、エアロビクス中に股関節痛を発症し、当時かかった整形医師からは骨嚢胞の存在を指摘され手術の宣告。手術への恐怖と不安から一旦手術を拒否され、水泳リハビリを開始。一時的に痛みは軽減されましたが、徐々に日常生活に支障が出るまでに悪化。ginzaplusへご相談頂いてからは、痛みはすっかり消失し、遠出ができるまでに回復。精神的にも落ち着きを取り戻しつつあります。現在は、お仕事も続けられ、年に数回のメンテナンスで維持、向上できるまでに回復しています。

理学療法士コメント   変形性股関節症特有な症状自体の影響は少なくても、医師から告げられた「手術」との宣告が、患者様に重くのしかかることが度々あります。保存療法でも十分に解決できるような症状にも関わらず、過剰な怖さや不安だけが残ると、多くの患者様はショックから、活動量が減る事で、更に悪化を来す事があります。こちらの患者様のように、痛みがあれば、その場で痛みを取り除く、痛みの発生のメカニズムと予防方法さえマスターできれば、徐々に活動範囲は広がり、自信を新たに獲得する事で股関節症も克服できます。またプールは、一時的な症状の改善には効果があっても、こちらの患者様のように冷えて、再び症状を再発させることもあります。合う合わないがございますので、注意が必要です。

痛み   「歩く、階段、立ち上がり、しゃがめない、長く立っていられない。」

ginzaplusへの期待   「痛みの軽減。家事をスムーズにこなしたい。歩きたい。」

施術期間   約5ヶ月、計6回。

保存療法+ 手術を回避 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 講師)
▲施術前 (クリックで動画に切り替わります)
▲施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   自己流ではじめたヨガをきっかけに腰痛、股関節痛を発症し、近所の整形外科医師からは臼蓋形成不全との診断。「今直ぐにではないが、いずれその時が来る。」とのアドバイスを受け、精神的なショックから、更に症状は悪化。ginzaplusへご相談に頂いてからは、痛みは解消され、これまで通り講師としてのお仕事を継続できるまでに回復されています。現在は、ウォーキングが日課となり、数年に1回のメンテナンスでも順調に経過されています。動き方もマスターされ、既に卒業レベルです。

理学療法士コメント   臼蓋形成不全=変形性股関節症との認識が、日本では専門家の間でも広がりをみせ、そういった情報が患者様へも伝わると、どうしても動作にも消極性が目立ち、特に歩き方では、あまり体重を乗せない、小股、小刻み歩行になりがちです。しかし、本来動かせるはずの股関節も動かさないでいると、股関節ばかりではなく他関節にも影響を及ぼします。臼蓋形成不全という病態への理解、そして普段の生活から意識すべき事柄を明確にできると、痛みも改善、その後の生活への安心に繋がります。

痛み   「歩いた後の腰痛。股関節は動きによって痛みが出る。」

ginzaplusへの期待   「絶対に手術はしたくない。」

施術期間   約7ヶ月、計6回。

保存療法+ 手術を回避 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 主婦)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   20代からぎっくり腰を繰り返し、2011年にガクッと右股関節が外れるような違和感を経験。その後、反対側にも痛みが出現し、自己流のリハビリ、体操等で改善を試みるも更に状態は悪化。担当医師からは軽度の臼蓋形成不全との診断。勧められたヒアルロン注射も長期的な効果は得られず、杖使用との指示。ginzaplusへお越し下さり、本格的に保存療法を開始してからは、日常生活動作も問題は少なく精神的にも安定。既に卒業され、ご自身でメンテナンスをできるまでに回復しています。

理学療法士コメント   股関節痛を克服できたポイントは、2つあります。ひとつ目は、杖を早い時期に外せたことです。杖使用も短期ならともかく、長期に渡ると、筋力は衰え、関節も硬くなります。もう1点は、日常生活動作への介入です。変形性股関節症では病期の進行に伴い、決まって靴下の着脱や爪切り、床へのしゃがみ動作が困難になります。これらの不具合も痛み治療と並行し、積極的に解消する試みが、一生未手術で乗り切るためにも不可欠です。

痛み   「歩くといつも。」

ginzaplusへの期待   「たくさん歩いても大丈夫になりたい。」

施術期間   約3ヶ月、計4回。

保存療法+ 手術を回避 臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(30代 会社員)
▲施術前 (クリックで動画に切り替わります)
▲施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   幼少期から内股傾向があり、転倒することが多く、30代になってから初めて股関節の激痛を経験されます。整骨院やカイロではなかなか改善されず、専門医師からは臼蓋形成不全、骨切り術適応との診断。手術を拒み、ginzaplusへお越し下さってからは、徐々に痛みは痛みは消失し、念願の海外旅行も達成、既に卒業レベルでいらっしゃいます。

理学療法士コメント   変形性股関節症を診断される若年者の特徴として、「姿勢」があります。特に、内股傾向に伴う骨盤の前傾、お尻を突き出し、腰を反らした姿勢は、股関節への過剰な負担を招くことがあります。この姿勢から動きはじめれると、決まって、股関節症特有の横揺れを呈し、足元が不安定なヒール靴、鞄を持ち歩けば、更に横揺れは助長されます。股関節痛の原因のひとつです。股関節痛の解消には、こちらの患者様のように、これまでの姿勢を一旦崩し、新たな適切な立ち姿勢を、頭と身体で覚えることも必要です。

痛み   「歩行、階段、座っているとき。」

ginzaplusへの期待   「整形外科に行っても手術の話ししかされないので、それ以外の方法で痛みを改善させたい。手術はしたくないし、反対側も悪くしたくない。」

施術期間   約1年、計10回。

手術後 RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

(40代 デスクワーク)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   変形性股関節症、臼蓋形成不全

解説   学生時代はテニス、社会人になってからはエアロビクスを趣味で続け、ある日突然、股関節周囲の痛だるさと疲労感を訴え、股関節専門医を受診。医師からは臼蓋形成不全、骨切り手術が必要とのアドバイスを受け、直ぐに手術を施行。手術後は、1年経ってもなかなか杖が外せず、健側だった反対側の股関節にまで痛みが発症。病院でのリハビリも打ち切られ、その後の改善を希望されginzaplusまでお越し頂きました。本格的に手術後リハビリを開始してからは、徐々に痛みも解消され、歩き方もスムーズに。現在では小走りができるまでに回復し、復職も達成しましたが、依然として手術後の筋力低下が著しいため、現在も尚、月に1度の割合でリハビリにお越し下さっています。

理学療法士コメント   骨切り手術後は、順調に経過される方と、後遺症に悩まれる方と様々です。1年経っても、杖が外せないようであれば、反対側への痛みと更なる手術が心配されます。股関節の手術とは、片側を行うと反対側にまで影響を及ぼす事が多いため、杖が外せない、反対側に違和感を感じる、などのサインがあれば、できるだけ早い段階で、専門家の指導を受ける事をお勧めします。また、手術後のリハビリには期限が設けられ、それを過ぎると、後は医師との定期検診と、リハビリに関しては患者様任せとなりがちです。通常、骨切り手術後は、長期的なリハビリが必要になる場合が多くあります。手術の決断にあたっては、子育てやお仕事、家庭環境を十分に配慮され、その後のフォーローできる提供医療機関まで抑えておくことも必要です。

痛み   「かがむ、長く立つ。右膝が痛み、左は力が入りにくい。」

ginzaplusへの期待   「手術側の歩行時の違和感、ピリピリとした痛みがとれません。左は温存中のため、両股関節の施術をお願いします。」

施術期間   約1年半、計20回。

手術後 両側RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

(30代 看護師)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全、変形性股関節症

解説   幼少期から“ぺちゃんこ座り”、床での座り方には癖があり、10代で股関節痛を発症。医師からは、予防目的に両側の骨切り術を勧められ、手術を施行。手術後は、手術前よりも痛みが増強し、某大学病の医師からは右は進行期、左は初期との診断。「いつ手術をしてもおかしくない状態。」との宣告。人工関節手術の回避を目的にginzaplusへお越し下さってからは、跛行と痛みは改善傾向を認め、小走りができるまでになりました。また、お仕事とと育児の両立ができるまでに回復しています。

理学療法士コメント   骨切り手術は、施行時年齢が若ければ若い程、その後の回復も良好だとされてきました。しかし、こちらの患者様のように、手術直後から悪化、または杖が手放せない生活を余儀なくされる方も増えています。骨切り術による手術自体、減少傾向にあり、医師によっては、人工関節までの繋ぎ、と考えている専門家も少なくありません。筋肉への侵襲も大きく、長期的なリハビリが必要になるケースもあります。様々な可能性、リスクを理解した上で、手術を決断される事が必要でしょう。

痛み   「常に痛む、重い。」

ginzaplusへの期待   「今は2人の子供がいるので、手術は難しい状況です。せめて、現状維持で痛みが増強しないように、手術は先延ばしにしたいと思っています。」

施術期間   約3ヶ月、計3回。

手術後 RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

(30代 主婦)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全

解説   学生時代からスポーツに励み、テニスを経験してから股関節痛を発症。医師の勧めで20代で右側の骨切り術を施行し、その後は順調に経過していましたが、出産を機に股関節痛を再発。ginzaplusへお越し下さり保存療法を開始してからは、徐々に痛みも消失し、歩き方も以前のようなペタペタ歩きからしっかりとした足取りに改善されました。現在は既に卒業レベル、ご自身でメンテナンスできるまでに回復しています。

理学療法士コメント   骨切り手術も、手術後は常に安定しているとは限らず、出産や育児、お仕事、親御さんの介護などの負担が重なる事で、股関節痛を発症させてしまう事があります。特に、骨切り手術は、人工関節と比べても、筋肉への侵襲が非常に大きいため、筋肉に起因した痛みは避けられません。手術を施行した側に限らず反対側へのケアが、痛みを生じさせない、その後の人工関節に至らせないためにも大切です。

痛み   「一日中常に痛む。」

ginzaplusへの期待   「正確なリハビリ方法を教えて欲しい。」

施術期間   約1ヶ月、計3回。

手術後 股関節唇損傷手術後(縫合術)

(40代 会社員)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   股関節唇損傷、臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼

解説   2011年から股関節に違和感を感じはじめ、某大学病院の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと跛行に加え陰部潰瘍が合併し、復職が困難に。手術後リハビリでも症状の改善が認められず、不安と痛みの解消を目的にginzaplusへお越し頂きました。本格的にリハビリをスタートしてからは、当時の痛みと跛行は改善され、復職も可能になっています。しかしながら、手術を受けた事に対する後悔、不満など精神的な影響は大きく、現在は医療機関を変更し、新たな主治医のもと社会復帰を目指しています。

理学療法士コメント   股関節唇損傷の手術とは、股関節鏡による簡易的なイメージとは裏腹に、実際には、その後のリハビリで大変苦労をされている方が多くいらっしゃいます。特に日本では、まだまだ股関節唇損傷という病態への理解が乏しく、手術後のリハビリも人工股関節同様のリハビリメニューが課せられることがあります。また、順調に経過しない場合、精神的な苦痛が伴うばかりか、手術後の悪化から一年も経たないうちに複数回の手術を迫られる場合もあります。手術にあたっては、慎重な対応が望まれます。

痛み   「床からの立ち上がり、しゃがみ動作が困難。階段の上り下り、トイレに座るとき、歩行時。」

ginzaplusへの期待   「座っているときの痛みをとりたい。歩行をもう少し整えて、がに股ではなく普通に歩きたい。自転車に乗りたい。座る、立つ動作を痛みなくスムーズにしたい。」

施術期間   約1年、計10回。

手術後 股関節唇損傷手術後(縫合術)

(40代 看護師)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   股関節唇損傷、臼蓋形成不全

解説   元々股関節の使い方の癖を自覚し、勤務先の行事で突如股関節痛を発症。大学病院の専門医師からは股関節唇損傷との診断。緊急手術の必要性を迫られ股関節鏡視下手術を施行。手術後は、痛みと不安のため杖が外せず復職困難に。大阪出張時にご相談を頂き、その後手術後リハビリを開始してからは、痛みは大幅に改善され、比較的短期のうちに杖なしで歩けるまでに回復しています。現在も尚、その後の体力回復とメンテナンスを目的に、定期的に通って下さっています。

理学療法士コメント   最近では、職業と股関節唇損傷との関連も話題に上がっています。特に、こちらの患者様のように、日常的にしゃがんだり、立ったりが繰り返される看護師さんの場合には、股関節唇への負担は避けられません。今では、介護士さん、理学療法士、作業療法士、医師など医療職のみならず、客室乗務員の方からも股関節唇損傷との診断、同様の症状を抱え、ご相談を頂きます。痛みの原因とは何も股関節唇のみならず、筋肉が作用している事もあるため、痛みの治療にあたっては、関節外の組織である筋肉の治療から進めることが肝心です。

痛み   「動くと常に。」

ginzaplusへの期待   「普通に疼痛なく歩行でき、社会復帰したい。」

施術期間   約半年、計6回。

手術後 股関節唇損傷手術後(縫合術)

(40代 会社員)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   股関節唇損傷、臼蓋形成不全

解説   学生時代はラグビーを経験し、社会人になり突然、階段昇降時にズキンとした股関節痛を発症。3箇所の専門医師から股関節唇損傷との診断を受け、股関節鏡視下手術を施行。手術後4ヶ月経過しても、痛みが引かず、特に長距離歩行、階段昇降、股関節の内旋と外旋時に鋭い痛みを訴え、定期検診時には、執刀医師から軟骨の減少と変形性股関節症の進行を指摘されました。関節症の進行予防と症状の改善を目的にginzaplusへお越し頂いてからは、数回の施術で、運動時の痛みは解消され、歩容も改善し、ジョギングができるまでに回復しています。

理学療法士コメント   股関節唇損傷の手術において、最も問題となっているのは、手術後のリハビリ内容です。専門的な知識や情報が提供されないままリハビリが実践されたり、過酷な筋力トレーニングが課せられている場合もあります。手術後では、関節唇の保護を目的に数週間の安静は必要であり、また、こちらの患者様のように4ヶ月が経っても痛みが残存し、運動障害が残れば、積極的にリハビリ介入を行っていかなければなりません。

痛み   「座って立つとき。左(患部)を下にして寝るとき。」

ginzaplusへの期待   「術後の違和感、痛みをとってもらいたいと思っています。」

施術期間   約8ヶ月、計2回。

保存療法+ 手術を回避 「脚長差に対する対応」変形性股関節症(末期)

(40代 パート、立ち仕事)
▲施術前 (クリックで動画に切り替わります)
▲施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   変形性股関節症、臼蓋形成不全

解説   30代で膝の痛みを経験し、出産後から股関節痛を発症。2008年からは、脚の長さの差(脚長差)を感じはじめ、右つま先立ちでの生活から痛みは増悪。立ち仕事も困難となり、ginzaplusへご相談を頂きました。施術と併用し4cmの脚長差に対してオーダーメイドのインソールを作成する事で、当時の痛みは解消され、歩行もスムーズに。工場での立ち仕事や長距離歩行も可能になり、現在は症状も安定しその後の経過も順調です。

理学療法士コメント   脚長差への対応は、一般的に、靴底に補高を加えたり、新しく靴を新調される方が多いようですが、こちらで拝見していると、長く着用される方は少なく、履き慣れない、合わないなどの理由に結局履けず終いになっている事があります。そこでginzaplusでは、脚長差対策に、履き慣れた靴に医療用インストールを適用すると伴に、新たな立ち姿勢、歩き方を学んで頂く事で、変形性股関節症特有の外反母趾や股関節痛の予防を目指しています。施術と併せお試し頂く事をお勧めします。

痛み   「歩くと痛む。」

ginzaplusへの期待   「立ち、歩きが痛くなく出来ること。」

施術期間   約2年、計19回。

保存療法+ 手術を回避 「出産後の股関節痛」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(30代 会社員、育休中)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼

解説   30代に入ってから膝痛、股関節痛を発症し、某大学病院では臼蓋形成不全との診断。出産後は、育児生活の影響から更に悪化し、痛みの改善と正しい日常動作指導をご希望され、ginzaplusへお越し頂きました。1回の施術で痛みは解消され、再発予防を目的に、赤ちゃんを抱っこした際の姿勢や歩き方、育児中の股関節にとっての負担になる動作を確認しています。また育児中は、更なる負担も予測されるため、今後も定期的なケアが望まれます。

理学療法士コメント   出産前後は、最も股関節痛を発症し易い時期です。出産前から股関節に違和感がある、あるいは、こちらの患者様のように既に臼蓋形成不全との診断を受けていらっしゃれば、最低限、日常動作指導だけでも受けて起きましょう。特に、出産後では、床から立ったり座ったりの反復動作が多くなったり、赤ちゃんを抱っこしたままの姿勢が長くなるため、股関節痛を発症させる原因となる事があります。お子さんが活発に動きはじめる前が治療に取り組むチャンスです。最近ではベビーカーでお越し頂く方も増えています。手術に至らないためにも、早期治療を心掛けましょう。

痛み   「寒いとたまに痛む。疲れたり、運動をすると膝が痛くなる。」

ginzaplusへの期待   「将来的に悪化しないように、負担のかけない歩き方、立ち方、座り方、寝方をマスターしたい。使っていない筋肉、かばっている動作があれば改善したい。」

施術期間   1回。

手術前 手術後 「人工股関節全置換術へ向けて」手術前リハビリ

(50代 主婦)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全

解説   先天性股関節脱臼の既往があり、40代を過ぎてから股関節痛を発症、50歳では歩行が困難になるまでに悪化。某医療機関で骨髄ドレナージ術を施行しましたが、思うような改善が得られず、更に悪化。その後は、歩行には杖が必要となり、手術後の後遺症の影響から痛みが激しく、数回の保存療法では改善が難しいと判断されたため、ご本人の同意のもと人工関節に向けた手術前リハビリを開始しました。歩行練習も積極的に取り入れる事で、両松葉杖から片杖歩行が可能になり、股関節周囲の柔軟性、筋力も回復し、手術への準備が整ったところで、人工股関節手術を施行。手術後は、回復も速やかであり、現在は痛みもなく、海外旅行を楽しめるまでに回復しています。

理学療法士コメント   以前に骨髄ドレナージといわれる手術が話題になった時がありました。ちょうどこの頃、その後の後遺症で悩まされた方を多く担当させて頂きました。こちらの患者様もその後の経過不良のため、最終的には、人工股関節の手術以外では症状の改善が難しいと判断されました。最近では、人工関節の手術も短期入院が推奨されはじめリハビリ期間が短縮されています。特に、手術前の状態が手術後にも影響を及ぼすため、できるだけ良好な状態で臨む方のがベストです。

痛み   「立ち上がるとき、骨が当たる感じ。手術前はなかった音がする。」

ginzaplusへの期待   「痛みを何とかして欲しい。」

施術期間   約3年、計30回。

保存療法+ 手術を回避 「脚が広がらない」臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 会社員)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   臼蓋形成不全、変形性股関節症

解説   長時間のデスクワーク、ご家族の介護によるオーバーワークから股関節痛を発症。歩行訓練や他のエクササイズを試みましたが、5分も歩けないほどに悪化。夜間痛も出現し、5人の専門医師からは手術を勧められましたが、ご本人の判断でこれを拒否。大阪出張時にご相談を頂き、2日連続で施術を行い、運動時の痛みは消失し、その前日まであった夜間痛もすっかり解消されました。しかしながら、未だ精神的な不安が残るため、保存療法への理解と運動機能の回復を目的に、今後も継続的なリハビリが必要です。

理学療法士コメント   股関節痛の治療も専門家によって意見は十人十色、様々です。手術が得意な先生でいらっしゃれば、それぞれの専門分野で解決方法を説明して下さるかも知れません。同じ症状であっても、ある先生は人工関節、ある医師は骨切り手術、また別の医師は関節鏡など、幾通りもの治療法が提示される事があるでしょう。但し、股関節痛の治療とは、いかなる状況であっても、保存療法が優先です。保存療法での症状の改善が認められない場合のみ、手術が検討されます。また、その保存療法にもいくつか方法が用意されます。自己流で行うと症状を進行させる恐れもあります。専門家のもとであれば、不安や心配を抱える事なく、短期間のうちに症状の改善が期待できるでしょう。

痛み   「内側、外側に脚を運んだとき。車の乗り降り」

ginzaplusへの期待   「痛みをとりたいです。」

施術期間   2日間、計2回。

手術後 「立ったまま靴下が履けない」股関節唇損傷手術後(展開術)

(50代 主婦)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   股関節唇損傷、臼蓋形成不全

解説   ヨガをはじめてから股関節痛を発症し、車の乗り降り、自転車も困難になるまで症状は悪化。専門医師からは股関節唇損傷との診断を受け、切開による滑膜切除術を施行されました。手術後4ヶ月が経ちましたが、毎日のリハビリ(エアロバイクを20分、水中歩行30分)でも効果を感じられず、次第に不便さが増す中で将来に不安を感じ、大阪出張時に初めて御会いしました。施術開始後は、数回のうちに苦手だった靴下の着脱動作も立位でできるまでになり、不安も取り除かれ、お孫さんの面倒をみれるまでに回復しています。

理学療法士コメント   手術後に限らず、保存療法でも水中歩行が推奨されますが、水の中に入ってしまうとどうしても浮力により体重は免荷されるため、症状によっては効果にも限界が生まれます。例えば、外を歩くのに杖が必要なレベルの方の場合、水中歩行でリラクゼーション効果により可動域の改善や筋力の回復も期待できるかも知れません。ところが、こちらの患者様のように手術後の影響による痛みや可動域制限には、水中歩行だけでは症状の改善は難しいでしょう。手術後のリハビリも、症状に応じたメニュー選択が重要であり、症状の改善が認められないと判断されれば、別の専門家の指導を仰ぎ、違った視点から取り組む事も大切です。

痛み   「傷口がジンジン痛む。」

ginzaplusへの期待   「以前のような歩行。」

施術期間   約半年、計4回。

保存療法+ 手術を回避 「しゃがめない、床から立ち上がれない」変形性股関節症(進行期)

(60代 主婦)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   変形性股関節症(進行期)

解説   股関節痛を抱え整形外科を訪ねると、臼蓋形成不全による変形性股関節症との診断。直ぐさま人工股関節の手術が必要と勧められましたが、ご本人の意思でオステオパシーへ通い、痛みは消失。しかし、その後の筋力低下を自覚し、「手を使わずに立ち上がる事が出来ません。」との訴えを抱え、ginzaplusまでお越し下さいました。1回の施術で股関節の可動域は改善し、立ち上がりのコツをご指導する事で、60分後には自力で立ち上がれるようになっています。

理学療法士コメント   変形性股関節症の進行のサインにはいくつかございますが、その中で、日常動作では、しゃがめなくなった、和式トイレが厳しくなった、などの訴えがあれば、早急な対応が望まれます。痛みの影響もあるでしょうが、股関節の可動範囲が狭くなる、筋力低下を自覚することで、避けていらっしゃる方も多いでしょう。こうした動作も、ある時を堺にやらなくなってしうと、一生できなくなる恐れもあります。しゃがまない、しゃがめなくなれば、股関節の可動域は狭くなるばかりか、筋力低下は必至なのです。

痛み   「痛みはそれほどない。」

ginzaplusへの期待   「しゃがんで立ち上がれるようなる。」

施術期間   歩行教室、1回の指導のみ。

手術後 ヘルニア手術後の股関節痛

(40代 デスクワーク)
▲施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)

医療機関で診断された病名   腰椎ヘルニア、臼蓋形成不全

解説   突然、左腰部の痛みを感じ、専門医を訪ねたところ腰椎ヘルニアとの診断。レーザー治療を施行しましたが、治療後、真っ直ぐ歩くこともできず、仕事にも支障を来すまでに悪化。それでも担当医師からは、体重減量の指導のみで納得がいかず、ginzaplusまでご相談にお越し頂きました。初回の施術後には、歩行時の痛みは解消され、跛行も改善しています。しかし、痛みをかばうような歩きの癖は依然として残っているため、今後も継続的なリハビリが必要です。

理学療法士コメント   ヘルニア由来の痛みも、股関節痛との関連が示唆されています。幼少期からの動き方の癖などがあれば、長年の影響から腰椎への負担を招き、腰椎関連の診断名が下されるかも知れません。しかしながら、根本的な痛みの発生要因は、幼少期からの身体の使い方にあり、単に症状押さえ込んだだけの治療では対症療法に過ぎず、こちらの患者様のように再び症状を繰り返してしまうこともあるのです。

痛み   「常に。」

ginzaplusへの期待   「まっすぐ歩けるようになりたい。」

施術期間   1回。

保存療法+ 手術を回避 変形性股関節症(進行期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 主婦)
▲2008年10月 保存療法実施前、骨嚢胞が確認されます
▲2010年12月 保存療法実施後、骨嚢胞は消失しています

医療機関で診断された病名   変形性股関節症(進行期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   昔から“がに股歩き”を指摘されていましたが、20代ではテニス、スキーを経験。出産直後から立ち上がり動作時に違和感を訴え、徐々に股関節痛を発症。40代後半になってからは更に状態は悪化。某大学病院専門医師を受診したところ、骨嚢胞の存在と手術の必要性をアドバイス。ginzaplusでの保存療法を開始してからは、骨嚢胞は消失し、担当教授からも「奇跡。」とのコメント。年に数回の海外旅行を楽しめるまでに回復しています。

理学療法士コメント   骨嚢胞(こつのうほう)とは、大腿骨頭あるいは骨盤側に生じた穴、骨の空洞化を指します。変形性股関節症、進行期や末期の方で認められ易い症状ですが、一旦生じた骨嚢胞も保存療法の継続により消失が可能です。大切な事は、体重をかけない事ではなく、適度な荷重を促す事です。免荷を続けると骨代謝が阻害され、骨は細くなり痩せてきます。こうした状況から骨嚢胞の発症リスクを高めます。適切な荷重方法をマスターし、骨へも良好な刺激を加えられるようになると、やがて消失も期待できます。

痛み   「立ち仕事、動いたときなど。」

ginzaplusへの期待   「将来的には手術を考えているが、できれば先延ばしにしたい。その間、できるだけ状態を良くしておきたい。」

施術期間   約2年、計19回。

保存療法+ 「脚長差の改善と骨の強化」RAO(寛骨臼回転骨切り術)後

(30代 主婦)
▲2010年5月 保存療法実施前。大腿骨は黒っぽく映り、骨の中身がスカスカな状態です。また、骨盤の傾きも確認されます。
▲2014年4月 保存療法実施後。大腿骨は骨密度を増し、強く太くなっています。また、骨盤の傾きも、若干ではありますが、解消されています。

医療機関で診断された病名   RAO(寛骨臼回転骨切り術)後、先天性股関節脱臼、変形性股関節症、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   先天性股関節脱臼により1歳時に骨切りの手術を受け、その後順調に経過していましたが、20代前半になってから15分の歩行も困難に。医師の勧めで2回目の骨切り術を施行し、20代後半、2人目のお子さんを出産されてから徐々に悪化。当時の担当医師からは軟骨のすり減りを指摘され、人工関節を勧められましたが、ご本人の意思で保存療法を開始。ginzaplusへお越しいただいて約1年半、「だいぶ自分の脚っぽくなった。」と実感されるように、レントゲン上の骨盤の傾き、大腿骨の太さも改善され、家事、育児には支障が出なくなりました。既に痛みは落ち着き、更なる運動機能の向上と維持を目的に、数ヶ月に1回の割合でメンテナンスに通われています。

理学療法士コメント   ご自身の判断により保存療法を継続してきた場合のリスクとして、骨盤の傾きから生じる脚の長さの差(脚長差)や左右の太腿の太さの違い(周径差)があります。痛みと怖さの影響から、体重をかけずにかばい使い続けると、筋肉が細くなるばかりか、骨まで痩せてしまいます。レントゲン上では、左右と比べ明らかに太さが異なったり、色の違いが確認されれば要注意です。こうした状態では、将来的な手術の際には骨折のリスクも高まります。未手術で乗り切るためにも、できるだけ周径差を作らない、骨の状態まで整えておく事が大切です。

痛み   「歩く、立つ、座るとき。」

ginzaplusへの期待   「日常動作が苦にならないようになること。手術回避。」

施術期間   約1年半、計11回。

保存療法+ 手術を回避 変形性股関節症(末期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

(50代 教員)
▲2006年2月 告された当時、股関節の隙間が無い状態
▲2011年6月 保存療法開始5年後、徐々に骨頭の隙間の修復が見られます
▲2014年 保存療法開始8年後、骨頭の隙間が広がり、畑仕事ができるまでに回復

医療機関で診断された病名   変形性股関節症(末期)、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)

解説   2006年に変形性股関節症末期との診断を受け、手術の必要性を説明されましたが、ご本人の意思でこれを拒否。2006年からは、ご自分で保存療法を開始し、その間、痛みの強い時期もありましたが、徐々に症状も安定。ginzaplusへお越し頂き、新たな保存療法を開始してからは、定期受診でも、骨の修復も確認されるようになり、医師からも手術を勧められる事はなくなりました。現在は精神的にも安心し、小走り、畑仕事ができるまでに回復しています。

理学療法士コメント   変形性股関節症とは、“進行性の病”とたとえられ、やがて、手術は避けられない、と思われがちですが、こちらの患者様のように、長い経過で診ていくと、かつて存在した骨の変形や軟骨の隙間も、痛みの軽減と伴に改善されてくる事があります。痛みの存在と画像所見上の変化が必ずしも一致するとは限らず、長い経過の中で、治療手段を検討していく事が、股関節痛の治療にあたっては大切です。

痛み   「歩き出し。」

ginzaplusへの期待   「一生未手術。」

施術期間   約2年、計12回。

Copyright © 2004-2017 ginzaplus All Rights Reserved | 当サイトの全コンテンツは著作権法、関連条約・法律で保護されており、無断での複製・転載・転用を固く禁じます。| 個人情報保護方針
Web System & Design by R-Crafz